【西荻窪】

「好き」が集まる文化の息づく街

西荻窪

西荻窪駅前

吉祥寺駅と荻窪駅に挟まれたJR中央線の西荻窪駅は、土日祝日は快速電車が止まらない。少し不便だが、その不便ささえ愛しく感じるのがこの街の魅力だ。

西荻窪には週末の楽しみがある。毎月第3日曜の朝8時から11時まで駅南口徒歩約2分の神明通りで開催される「西荻のあさ市」は1975(昭和50)年から続いている。また、毎月第3日曜の11時から16時頃まで南口駅前の柳小路で昼市があり、飲み屋街が昼から盛り上がる。

駅周辺には小さな個人商店が軒を連ね、古いものを大切にし、手間をかけることを愛し、こだわりを追求し続けている。

駅から少し歩けば閑静な住宅街が広がり、緑も豊かだ。花見の時期には多くの人が集まる「都立善福寺公園」や中島飛行機東京工場跡地で今は子供たちの憩いの場となっている「区立桃井原っぱ公園」がある。「区立坂の上のけやき公園」にある区内最大の幹周りで貴重木にもなっていた一本の大けやき「トトロの樹」は街のランドマークである。駅北口徒歩約16分のところには、日本のアニメについて学べる「東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム」がある。一度は足を運んでほしいおすすめの施設だ。

都立善福寺公園

池に映る紅葉が美しい都立善福寺公園

広々とした区立桃井原っぱ公園

広々とした区立桃井原っぱ公園

レトロとアートが西荻カルチャーをつくる

西荻窪駅から徒歩圏内には、骨董(こっとう)を扱う店が約40軒ある(2020(令和2)年3月現在、西荻窪アンティークマップ製作委員会調べ)。骨董屋が集まっている理由について、『西荻観光手帖』(西荻窪商店会連合会、2014年1月発行)では、「関東大震災後、旧東京市からの転居者により一気に人口が増え(中略)軍人や教員のほか、小説家や画家などの文化人も多く、(中略)これらの人々が再び都心に転居していく際、これまで使っていた良質な調度品を売却する機会が多く、それがきっかけで今日のアンティーク街が形成されたのではないか」としている。

骨董店巡り・古書店巡りには、各骨董店に置いてある「西荻 古本とアンティークマップ」(西荻窪アンティークマップ製作委員会発行)が便利だ。

「西荻 古本とアンティークマップVol.20」(発行:西荻窪アンティークマップ製作委員会)
英語版についてはこちら
▶https://antiquemap.wixsite.com/nishiogi/english

盛林堂書房

盛林堂書房。奥行きのある店内に整然と本が並ぶ

ガード下

「ニヒル牛」店内。各ボックスが各作家のギャラリーになっている

オリジナリティーで勝負!店主のこだわりを巡る

西荻窪はチェーン店が少ない。こだわりの詰まった小さな個人商店が軒を連ね、愛され続けている故である。土日となれば、地図を片手に街歩きをしている人を多く見かける。地図は西荻案内所が毎年発行している「西荻まち歩きマップ」が秀逸だ。駅に設置されているラックや掲載店などで入手できる。

純喫茶のイメージが強い西荻窪だが、近年ではパンやスイーツ、カレーの店も増えている。また、さまざまなワークショップやイベントを開催している店が多いのも特徴だ。スペースを貸してくれるところもあり、趣味や副業で何かを始めたい人への受け入れも柔軟だ。

まずは目についた店に立ち寄りながら街を巡るだけでも西荻の良さを感じることができる。ただし、週末しか営業していない店もあるので営業日は事前に確認しておくことをおすすめする。

ササユリカフェ

アニメ関連の企画展が人気の「ササユリカフェ」

「越後鶴屋」のいちご大福

「越後鶴屋」のいちご大福

「カナム」の焼菓子

「カナム」の焼菓子

パン屋「藤の木」

長く愛され続ける老舗のパン屋「藤の木」

大岩食堂のミールス

大岩食堂のミールス

「麺尊RAGE」の軍鶏そば

「麺尊RAGE」の軍鶏そば

「食とセラピー ていねいに、」

昭和レトロな雰囲気の「食とセラピー ていねいに、」

芸術を愛する街。イベントも見逃せない!

西荻窪駅から北東に徒歩19分ほどのところにある広々とした「区立桃井原っぱ公園」では、毎年11月初旬の2日間、「すぎなみフェスタ」が開催される。ステージイベントが催され、遊びや食べ物のテントが多数出店する区内最大級の複合イベントだ。

駅の北西、武蔵野市との境界近くには善福寺池が広がる「都立善福寺公園」があり、毎年11月の3週間は国際野外アート展「トロールの森」が開催される。緑の中で大人も子供も一緒に楽しむことができるイベントが目白押しだ。

「すぎなみフェスタ」

多くの人でにぎわう「すぎなみフェスタ」

「トロールの森」

野外アートが楽しい「トロールの森」

杉並で商店街が一番多い街

商店街が東西南北に広がり、それぞれの商店街の個性が集まって西荻窪を形成している。

1975(昭和50)年から続く「あさ市」で知られる商店街。駅南口徒歩約2分の神明通りの一部区間を車両乗り入れ禁止にして、毎月第3日曜日の朝8時から11時まで開催されている。商店会加盟店だけでなく、遠方から来て出店している店もあり、豊富な品ぞろえと安さが人気で毎回多くの人でにぎわう。

西荻窪駅から五日市街道に向かって延びる旧府道に位置する商店街。行列必至のカレー屋や甘味処、かわいい雑貨屋が並び週末は地元の人や観光客でにぎわう。

アンティーク屋が集まる骨董通りを擁する商店街。1932(昭和7)年に建てられた井荻会館は、手しごとの作品や骨董などと出会えるイベント会場として使われている。

東京女子大学の南側にある商店街。毎年8月最終の土日に「盆踊りと縁日の夕べ」を開催している。普段バス通りの商店街がこのときだけ盆踊り会場になる。また、東京女子大学の「VERA祭」の際もにぎわいを見せる。

※杉並区内の商店街情報は杉並区商店会連合会サイトへ

「甘味処 甘いっ子」のかき氷

「甘味処 甘いっ子」のかき氷

かわいいオリジナルグッズも並ぶ「雑貨食堂 六貨」

かわいいオリジナルグッズも並ぶ「雑貨食堂 六貨」

【豆知識】

西荻窪のアイドル「ピンクの象」

西荻南口仲通り会の商店街のアーケード天井にぶら下がっている。9月の荻窪八幡神社の例大祭では、商店会の催しとして、子供たちに引かれて町内を練り歩く。初代の象が登場したのは1977(昭和52)年頃。神輿(みこし)を担げない小さな子供たちのために代わりになるものを竹細工屋へ探しに行き選ばれた。当初は竹細工のまま使われていたが、何度目かの修理のときに、紙を貼ってピンク色になった。2017(平成29)年に三代目に交代。竹細工屋の減少に伴い、素材はリニューアルしたが、ピンク色のトレードマークは引き継がれ、西荻窪の不変のアイドルである。

DATA

西荻窪・年齢別人口

年齢別人口

西荻窪・年齢別人口

産業の事業所数

西荻窪・年齢別人口

商店の割合

  • 取材:たんポポ、西荻松子
  • 撮影:たんポポ、TFF、角谷香奈、西永福丸、河合裕司、なかすぎとおる、矢野ふじね、大野俊介、大和撫子、マッハ、SATOKO、おおつちさとべえ、小泉ステファニー、ba-co