歴史の画像

歴史 History

杉並区の身近な場所は実は歴史の大舞台でもあった。「二・二六事件」、「近衛文麿と荻外荘」、「ラストエンペラーの実弟に嫁いだ嵯峨浩」など、歴史書にも刻まれる事件・人物を、区との関わりから掘り下げて執筆。

▼記事一覧

青梅街道を走る都電14系統(都電杉並線)。1963(昭和38)年11月30日撮影(写真提供:杉並区立郷土博物館)

掲載日:2018年08月06日

【区民投稿】都電杉並線の思い出

区民提供の証言と資料でたどる路面電車の記憶

区民から寄せられた都電杉並線の思い出を紹介し、路面電車が走っていた時代を振り返る

くわしく>>

「栄」エンジン(資料提供:太田市教育委員会)

掲載日:2018年02月13日

世界に誇る航空エンジンを開発-中島飛行機東京工場

戦前の最先端技術を担った荻窪の大工場

杉並の地に大きな足跡を残した中島飛行機東京工場の歴史を振り返る

くわしく>>

明治天皇が利用された御小休所。茶屋風の茅葺(かやぶき)屋根で、非常に簡素な造りだったと伝えられる(出典:『躍進の杉並』)

掲載日:2017年06月05日

天皇行幸時の休息所
-明治天皇荻窪御小休所(ごしょうきゅうしょ)

高層ビル敷地内に今も残る明治時代の史跡

荻窪駅至近にありながら、関係者の尽力により当時の名残と風格をとどめる聖跡

くわしく>>

敷地面積約2,830㎡、洗練された端正な外観(写真提供:杉並公会堂)

掲載日:2016年06月27日

区の文化のシンボル-杉並公会堂

長い歴史が培ってきた杉並区誇りの文化拠点

旧杉並公会堂は、テレビ番組の収録やレコーディングの場として活躍。46年間にわたり「杉並区の文化的シンボル」として区民に親しまれた

くわしく>>

貞明皇后(写真提供:宮内庁)

掲載日:2016年05月09日

貞明皇后と縁深き、高円寺の大河原家

大河原家に里子に出された節子姫

大正天皇の后である貞明皇后は、幼少期を高円寺の大河原家で過ごした。大河原家では皇后にまつわる貴重な品々を今も大切に保存している

くわしく>>

掲載日:2011年09月15日

【区民投稿】温故知新 昭和40年台に学ぶ

区民投稿コンテンツ

昭和40年代、当時のコミュニティを知ることができる、区民の貴重な思い出がぎっしり

くわしく>>

掲載日:2010年01月14日

謎の吉田園 杉並のスケート場

杉並にスケート場!?

その昔、『吉田園』という屋外のスケート場があったと言う。当時を知る区民インタビュー

くわしく>>

掲載日:2008年12月17日

二・二六事件 「父渡邉錠太郎と私」の講演から 

その後の渡邉錠太郎邸 渡邉錠太郎の娘、和子さんの講演録

二・二六事件で襲撃を受けた渡邉錠太郎邸は平成20年2月に解体された。

くわしく>>

掲載日:2008年12月15日

幼なじみが語る昭和の思い出

戦争、疎開。今だから話せるあの頃のむかし話

幼なじみの佐藤正三さんと玉村彰彦さんに、杉並区立郷土博物館の裏手にある古民家で、杉並の戦中・戦後のお話を伺った

くわしく>>

大田黒公園のピアノ

掲載日:2008年10月06日

100年の音色を刻む 大田黒公園ピアノ物語

洋館の居間にたたずむピアノ

荻窪の洒落人・大田黒元雄の愛したスタインウェイの物語と保存修復活動の記録

くわしく>>