歴史の画像

歴史 History

杉並区の身近な場所は実は歴史の大舞台でもあった。「二・二六事件」、「近衛文麿と荻外荘」、「ラストエンペラーの実弟に嫁いだ嵯峨浩」など、歴史書にも刻まれる事件・人物を、区との関わりから掘り下げて執筆。

▼記事一覧

荻外荘 「森泰樹著 杉並風土記 杉並郷土史会発行」

掲載日:2006年08月16日

運命の宰相・近衞文麿と荻外荘(てきがいそう)

近衞文麿の荻外荘、その運命と歴史的価値

近衞文麿が歩んだ人生と、彼が暮らした荻外荘について紹介します。

くわしく>>

石原さん宅の盆棚飾り

掲載日:2006年08月16日

おばあさんに聞く「お盆」の話

お盆というのは本来どのようなものだったのでしょう

正11年生まれのおばあさんが語る数十年前の杉並のお盆

くわしく>>

渡邊邸(平成18年に撮影)

掲載日:2006年04月24日

二・二六事件で襲撃された渡邊錠太郎邸

杉並にもあった二・二六事件

昭和11年(1936)2月26日、大雪の早朝、荻窪を震撼させた銃声とは

くわしく>>

荻窪駅

掲載日:2006年04月24日

杉並中央線誕生物語1:甲武鉄道誕生

中央線開通にまつわる数々のエピソード

杉並区内を東西に走るJR中央線は明治22年私鉄「甲武鉄道」として産声を上げた。

くわしく>>

馬橋駅誘致のために整備された「馬橋中央通り」(現・馬橋通り)

掲載日:2006年04月15日

杉並中央線誕生物語2:中野~西荻窪

中央線開通にまつわる数々のエピソード

幻の「馬橋駅」はなぜ消えた

くわしく>>