5.杉並区立郷土博物館の杉並メダカ

元気に泳ぎ回る郷土博物館の杉並メダカ(写真提供:杉並区立郷土博物館)

元気に泳ぎ回る郷土博物館の杉並メダカ(写真提供:杉並区立郷土博物館)

須田家から譲り受けた杉並メダカ

区立郷土博物館では、中庭にある水槽で、杉並メダカを十数匹飼育している。2019(令和元)年7月~9月に開催した企画展「杉並の生き物と外来生物」で展示するために、昆虫博士・故須田孫七さんの長男・真一さんから、自宅で飼っている杉並メダカを分けてもらったという。企画展が終わった後も引き続き展示しており、開館中は自由に観賞可能だ。

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 自然>杉並メダカ>1.これが杉並メダカだ
すぎなみ学倶楽部 文化・雑学>杉並のさまざまな施設>杉並区立郷土博物館

郷土博物館で展示している杉並メダカ

郷土博物館で展示している杉並メダカ

元気な様子を間近で観賞できる

水草が茂った水槽を上からのぞくと、水面付近をツイッツイッと泳ぐ杉並メダカが見られる。体長約2~3cmと小さく、動きがとても素早いので、止まった状態をじっくり観察するのはなかなか難しいが、元気に泳ぐ姿がほほ笑ましく眺めていて飽きない。世話をしている博物館職員は「飼育に関し、須田真一さんから“あまり一生懸命に手をかけない方が良い”とアドバイスされましたので、市販のメダカの餌を少しだけ与え、自然に近い状態にしています」と話す。5月から6月頃に繁殖し、当初より数も増えたそうだ。「これからも大切に育て、貴重な東日本型DNAを持つメダカが杉並で守られてきたことを、多くの方々に知っていただきたい。博物館近くの都立和田堀公園にも、セミやチョウをはじめ、さまざまな生き物がいます。来館の際は、ぜひ博物館の周りの自然環境もお楽しみください」

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 特集>公園に行こう>都立和田堀公園

博物館の中庭にある杉並メダカの水槽。鳥避けのため、普段はネットで覆われている。奥の水槽では、和田堀公園の池のかいぼりで捕獲されたカメを飼っている

博物館の中庭にある杉並メダカの水槽。鳥避けのため、普段はネットで覆われている。奥の水槽では、和田堀公園の池のかいぼりで捕獲されたカメを飼っている

見た目は普通のメダカとほとんど変わらないが、貴重な遺伝子を持つ

見た目は普通のメダカとほとんど変わらないが、貴重な遺伝子を持つ

DATA

  • 住所:杉並区大宮1-20-8
  • 電話:03-3317-0841
  • 営業時間:09:00-17:00
  • 休業:毎週月曜日・毎月第3木曜日(祝日と重なった場合は開館、翌日休館)、12月28日から1月4日まで
  • 公式ホームページ:https://www.city.suginami.tokyo.jp/histmus/index.html
  • 取材:西永福丸
  • 撮影:西永福丸
    写真提供:杉並区立郷土博物館
    取材日:2020年05月28日
  • 掲載日:2020年07月06日