飯沼金太郎さん

航空界の人材育成に邁進(まいしん)した飯沼金太郎

飯沼金太郎といっても、特段の航空ファンを除けば、その名を知っている人は少ないだろう。
飯沼金太郎(以下、飯沼)は千葉県佐倉市出身、日本の航空黎明(れいめい)期の操縦士だった。しかし、1920(大正9)年に参加した飛行競技会にて天候悪化のため墜落、重傷を負い航空界から退くことになる。
その後、期するところがあり、航空界に復帰。中島知久平(※1)の支援をうけ、1932(昭和7)年1月頃、中島飛行機東京工場正門前の豊多摩郡井荻町上井草1595(現在の杉並区上荻4丁目)に、亜細亜航空機材研究所(※2)を設立。この研究所を母体に、翌1933(昭和8)年4月、亜細亜航空学校と亜細亜航空機関学校を設立した。同研究所と両校は、三位(操縦、整備、機材)一体をなしていることと、飛行場の規模・設備・所有機数などの点から、日本の3大民間航空学校(※3)の1つに挙げられている。
飯沼金太郎とは、杉並区に活動の拠点を置いて、国内有数の民間航空学校・機関学校を設立し、校長として日本民間航空界の人材育成に貢献した人物なのだ。

※1 中島知久平(ちくへい):中島飛行機の創立者で「飛行機王」「巨人」とも称された。衆議院議員、近衛内閣時の鉄道大臣、東久邇宮(ひがしくにのみや)内閣時の軍需大臣、商工大臣を歴任する
※2 亜細亜航空機材研究所:当初の名前は「航空機研究所」だが、ここでは「機材研究所」とする。
※3 3大民間航空学校:当時の航空専門誌による評価。日本飛行学校、名古屋飛行学校、亜細亜航空学校を指す

---------------------------------------------------

※続きはPDFをご覧ください
1.大空に翔(かけ)た夢……………P1~2
2.航空学校・航空機関学校の成立…P3~5
3.女性操縦士の募集~両校の廃止…P6~7
4.飯沼の業績…………………………P8
5.【証言者】小暮達夫さん…………P9
6.【証言者】大谷妙子さん…………P10~11

PDF:知られざる偉人_飯沼金太郎さん(732.2 KB )

DATA

  • 出典・参考文献:

    「空のパイオニア・飯沼金太郎と亜細亜航空学校」小暮達夫(AIRFORUM『航空と文化』)
    「ひとすじのヒコーキ雲 ―飯沼金太郎の生涯-」小暮達夫(『さくらおぐるま』佐倉市教育委員会発行)
    『日本民間航空史話』財団法人日本航空協会
    『飛行家をめざした女性たち』平木國夫(新人物往来社)
    『巨人中島知久平』渡部一英(鳳文書林)
    『日本航空史・明治大正編』財団法人日本航空協会
    『佐倉市史 巻4』佐倉市・佐倉市史編さん委員会
    『練馬区史』編集兼発行者東京都練馬区
    『航空時代 第7巻4号』航空時代社
    『中島飛行機物語』前川正男(光人社)
    『日本飛行機物語・首都圏編』平木國夫(冬樹社)
    『富士重工業30年史』30年社史編纂委員会・社史編簿室
    『中島飛行機エンジン史』中川良一・水谷惣太郎共著(酣燈社)
    『生きている航空日本史外伝(上巻)日本のルネッサンス』中村光男(酣燈社)
    『生きている航空日本史外伝(下巻)日本の航空ミレニアム』中村光男(酣燈社)
    『戦前という時代』山本夏彦(文藝春秋)
    『航空博物館とは何か?』水嶋英治(星林社)

  • 取材:佐野昭義
  • 撮影:写真提供:大谷妙子さん
  • 掲載日:2015年11月30日
  • 情報更新日:2018年06月12日

飯沼金太郎

飯沼金太郎