たいやき ともえ庵

通りかかれば食べたくなる、香ばしい匂いが漂う人気店

たいやきの金型には4-5匹が一度に焼けるものと、1匹ずつ表裏を焼く「一丁焼き」とがある。ともえ庵代表の辻井さんは「一丁焼きが特においしいことを世間広めたい」との思いから、都内のたいやきを食べ比べて研究した上で店をオープンした。一丁焼きの金型を回しながらあふれて焦げた生地をそぎ落としていく作業は手間がかかるが、薄く香ばしい皮を作るためには必須の工程だ。
2014(平成24)年11月に中野から阿佐谷パールセンターに移転。行列のできる人気店となっている。「阿佐谷には落ち着いたお客さんが多いので、いい加減な物はできない。特別なことはないが、ただまじめにやっています。」と辻井さんは語る。
毎年ゴールデンウイークごろ、店舗2階に「氷」と書かれた看板がでたら、かき氷の取り扱い始まりの合図。果物のかき氷の他に、たいやきの餡を盛った「あずき」や、さらさらした自家製練乳をかけた氷など、いろいろな種類がある。
また、毎月10日は「10(とう)もえ」ということで、「ともえ庵の日」を実施。冬場はたいやきが100円に、夏場はかき氷が全品半額になるなど、月替わりの売り出しが企画されている。
たいやきやかき氷以外の商品開発も盛んで、2015(平成27)年7月下旬には地元名を付けた「阿佐ヶ谷練乳餅」が登場。
おすすめ商品
つぶし餡を使用したたいやき(180円)は、香ばしい薄皮の中に甘さ控えめの餡がみっちり入って全体的に肉厚。白玉たいやき(300円)には棒状の白玉が詰められている。これは餡の水分を保つためのものだが、餅好きには二度おいしい。
かき氷の「生すいか」(700円)は、さくさくした氷の上に歯ごたえのあるすいかの果肉がたっぷり乗っている。辛すぎないしょうがシロップがかかっている「しょうが」も女性に人気。

DATA

  • 住所:杉並区阿佐谷南1-35-20
  • 電話:03-6383-2144
  • 最寄駅: 南阿佐ケ谷(東京メトロ丸ノ内線)  阿佐ケ谷(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:11:00-20:00
  • 休業:月曜
  • 補足:日祝:10:30-20:00
    餡がなくなった場合は営業終了。定休が「ともえ庵の日(毎月10日)と重なった場合は翌日休
  • 公式ホームページ:http://www.tomoean.net/
  • 取材:千田F子
  • 撮影:千田F子
  • 掲載日:2015年07月13日
  • 情報更新日:2019年07月30日

白玉たいやき。中の白玉は熱いので、やけどに注意

白玉たいやき。中の白玉は熱いので、やけどに注意

行列ができることも多く、店頭にはイスが用意されている

行列ができることも多く、店頭にはイスが用意されている

一丁焼きの金型をくるくる回しながら作る。軽快にたいやきが焼けていく様子を見るのも楽しい

一丁焼きの金型をくるくる回しながら作る。軽快にたいやきが焼けていく様子を見るのも楽しい