西高井戸松庵稲荷神社

狐のミイラがある、ちょっと不思議な稲荷神社

西高井戸松庵稲荷神社(にしたかいどしょうあんいなりじんじゃ)は西荻窪駅南口から徒歩15分ほどの五日市街道沿いにあり、鳥居の前に路線バスの松庵稲荷停留所がある。この神社の社号に残る「西高井戸」の地名は、度重なる町名変更により現在はない。創建は江戸時代初期の万治元年で松庵村の鎮守社。元々は円光寺という寺の境内にあったが、円光寺が明治維新の際に廃寺になり、今はこの神社だけが残っている。
一の鳥居をくぐって左手にあるほこらに、狐のミイラが安置されている。この狐は円光寺のそばに住んでいたとされ、寺が廃寺になった後で神社の拝殿の床下から発見された。ミイラは前足を口にくわえた状態のまま真綿の上に置かれているそうだが、残念ながら姿を見ることはできない。ほこらの前には、奉納された大小さまざまな狐の置物が、こぼれ落ちそうなほど並んでいる。境内の北側裏手に円光寺の歴代住職の墓地、ほこらの裏に二基の庚申塚(こうしんづか ※1)がある。
当神社は兼務社(※2)だが、御朱印は下高井戸浜田山八幡神社でいただける。

※1 庚申塚:中国由来の庚申信仰に基づいて建てられた石塔
※2 兼務社:神職が常勤していない神社

御祭神
受持命(うけもちのみこと)

主な行事 ※日付は毎年固定
1月1日 元旦祭
2月上旬 初午、祈念祭
6月30日 大祓(おおはらい)
9月15日 例大祭
11月23日 新嘗祭(にいなめさい)
12月31日 大祓

ほこらには、狐の人形がたくさん奉納されている

ほこらには、狐の人形がたくさん奉納されている

本殿

本殿

鳥居の奥に本殿、左側にほこらがある

鳥居の奥に本殿、左側にほこらがある

御朱印

御朱印

お正月の催し物(2019年12月-2020年1月版)

元旦には野菜がもらえる福引が執り行われる。また参拝者には福豆や、町内会より甘酒もふるまわれる。

DATA

  • 住所:杉並区松庵3-10-3
  • 電話:03-3329-0837(下高井戸浜田山八幡神社)
  • FAX:03-3302-1523(下高井戸浜田山八幡神社)
  • 最寄駅: 西荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 補足:関東バス中野駅-五日市街道営業所-吉祥寺駅(中35/36)「松庵稲荷」バス停前
  • 公式ホームページ:http://www.shimotakaido.org/hachiman/syoan/index.htm
  • 取材:千田F子
  • 撮影:千田F子
  • 掲載日:2015年07月13日
  • 情報更新日:2019年12月22日

関連記事

神社自体が小高い山になっている

掲載日:2015年08月31日

久我山稲荷神社

(久我山駅)

くわしく>>

広い境内に豊かな緑が広がる

掲載日:2015年08月24日

下高井戸浜田山八幡神社

(西永福駅)

くわしく>>

鳥居のすぐ前に中央自動車道の高架が走る

掲載日:2015年07月13日

上高井戸第六天神社

(高井戸駅)

くわしく>>