大宮八幡宮

「東京のへそ」にある、23区内で3番目に大きな神社

西永福駅から徒歩7分、「東京のへそ」部分に位置する大宮八幡宮(おおみやはちまんぐう)。この「へそ」の愛称は、ここが都内の人口の重心であったことから生まれた。「子育厄除八幡さま」としても知られ、安産祈願のために遠方から訪ねる人も多く、参拝客は例年30~40万人にのぼる。
社伝によると創建は1063年。源頼義が奥州討伐の軍を率いてこの地に差し掛かったときに、源氏の白旗のような雲がたなびくのを見て「八幡大神の御守護」と思い、平定後に神社を建てたのが縁起といわれる。もともとこの土地には弥生時代の祭祀遺跡が存在し、長い歴史的な背景からパワースポットの一つとしてメディア等に取り上げられることもある。
広さは23区内の神社のうち明治神宮、靖國神社に次ぐ3番目。15,000坪の神域には本殿のほか、結婚式場「清涼殿」、弓道場「振武殿」、大宮幼稚園などもある。夫婦円満の象徴である「夫婦銀杏」や、ご利益のある「幸福撫でかえる石」など福にちなんだ見どころも多い。
春には「桜まつり」を開催。かがり火が焚かれた幻想的な雰囲気の中、夜桜を楽しめる。また、大宮八幡祭り(秋の大祭)は毎年多くの屋台が並び、参道を埋め尽くすほどの人で賑わう。特に夕方、威勢の良い掛け声と共に9基の神輿が担ぎ込まれる「神輿合同宮入り」の盛り上がりは圧巻だ。12月には、サミット(株)により地元西永福の商店街等の協力で「杉並花笠祭り」が催され、名物のいも煮に行列ができる。
2013(平成25)年には御鎮座950年を迎え、式年大祭が盛大に行われた。長きに渡り、地域の人々に安らぎと活気を与えている神社である。

御祭神
応神天皇(おうじんてんのう)
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)

主な行事 ※日付は毎年固定

1月1日新春厄除開運大祈願祭
2日蟇目(ひきめ)ノ儀・
大的式(おおまとしき)
15日古札焼納祭(どんど焼き)
2月節分節分祭
3月下旬~4月上旬大宮八幡桜まつり
5月3~5日わかば祭り(春の大祭)
3日稚児行列
下旬~6月上旬さつき展
6月30日大祓(夏越祓)
7月1~15日平安の七夕乞巧奠(きっこうでん)飾り
1~15日平成の七夕大宮八幡乞巧(きっこう)潜り
7日七夕の神遊び(技芸上達祈願祭・
大宮八幡乞巧潜り神事)
24・25日納涼大宮天神こどもまつり
(杜のひびきinおおみや)
9月中旬(重陽の節句)菊被綿飾り
中旬大宮八幡祭り(秋の大祭)
下旬十五夜の神遊び・月の音舞台
11月中旬杉並大宮菊花展
12月中旬杉並花笠祭
31日大祓(年越祓)

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 食>スイーツ>大宮八幡宮 清涼殿

桜の名所でもある大宮八幡宮。春のさつき、秋の菊など四季折々の草花も楽しめる(写真提供:高橋初男さん)

桜の名所でもある大宮八幡宮。春のさつき、秋の菊など四季折々の草花も楽しめる(写真提供:高橋初男さん)

境内には創建者である源頼義の子、義家の手植松跡が残されている

境内には創建者である源頼義の子、義家の手植松跡が残されている

熱気に包まれる大宮八幡祭りの神輿合同宮入り(写真提供:大宮八幡宮)

熱気に包まれる大宮八幡祭りの神輿合同宮入り(写真提供:大宮八幡宮)

御朱印帳(左上)<br>御朱印(右上)<br>人気の開運だるまみくじ(左下)<br>入学の時期に並ぶランドセルおまもり(右下)

御朱印帳(左上)
御朱印(右上)
人気の開運だるまみくじ(左下)
入学の時期に並ぶランドセルおまもり(右下)

2019年秋の例大祭

9月13日(金)~16日(月・祝)
14日(土) 18時 宵宮祭
15日(日) 10時 例祭・氏子奉幣祭
     18時 第34回神輿合同宮入り
14日(土)~16日(月・祝) 10時~21時 露店(120店)※16日は早めに閉店予定
期間中、奉祝行事多数あり。詳細スケジュールは、神社のホームページ参照:http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/

DATA

  • 住所:杉並区大宮2-3-1
  • 電話:03-3311-0105
  • 最寄駅: 西永福(京王井の頭線) 
  • 公式ホームページ:http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/
  • 取材:西永福丸
  • 撮影:西永福丸 写真提供:高橋初男さん、大宮八幡宮
  • 掲載日:2015年06月29日
  • 情報更新日:2019年09月03日

関連記事

オリジナルの饅頭2種(写真提供:大宮八幡宮)

掲載日:2013年12月24日

大宮八幡宮

(西永福駅)

くわしく>>