高円寺氷川神社

祭りだけでなく各種イベントも。駅そばの地域密着型神社

高円寺駅の南口からほど近く、急な坂を少し下ると大きな鳥居が現われる。
当社は、江戸時代以前は200m先にある曹洞宗高円寺の別当寺(※1)であったが、明治維新後の神仏分離令により分かれた。
1916(大正5)年に改築された社殿は1945(昭和20)年の東京大空襲の時に焼失し、1947(昭和22)年に仮殿を造営。現在の鉄骨造りの社殿は1971(昭和46)年に新造された。
高円寺氷川神社(こうえんじひかわじんじゃ)といえば、境内に日本唯一の気象神社があることで知られる。気象神社はもともと旧陸軍気象部(現在の馬橋公園)に祀(まつ)られていたが、戦後、氷川神社に遷座(※2)した。八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)を気象の神様として祀っていることから、参拝者が結婚式や旅行の晴天を祈ったり、野外イベントを行う企業がイベントの成功を祈願しに訪れたりする。気象神社のお守りは、雨に濡れても大丈夫なようにビニール材に封入されている。また、天気占いにちなみ、絵馬が下駄の形をしているのも面白い。
氷川神社の神輿庫には一帯の町会の神輿が8つ並んでいるが、これは「東京高円寺阿波おどり」と同じ日に催される例大祭で担がれるものだ。また、高円寺はイベントの多い街だが、地元の町会や青年会などの依頼に応じて境内を貸しており、「高円寺フェス」や「高円寺演芸まつり」の会場の1つになっている。

※1 別当寺:神社を管理していた寺
※2 遷座(せんざ):神仏の座をほかの場所へ移すこと

御祭神
素盞嗚尊(すさのおのみこと)

主な行事 ※日付は毎年固定
1月1日  元旦祭
2月3日 節分祭
  午日 初午際
6月1日 気象祭(気象神社)
  30日 大祓祭
8月下旬 例大祭(「東京高円寺阿波おどり」と同じ日)
11月15日 七五三
12月30日 大祓祭
  31日 大晦まつり

2メートルほどの高さのある狛犬と大きな拝殿

2メートルほどの高さのある狛犬と大きな拝殿

日本でここだけ。境内末社の気象神社

日本でここだけ。境内末社の気象神社

ユニークな下駄型の絵馬が奉納されている

ユニークな下駄型の絵馬が奉納されている

気象神社の「必天気御守」(左上)氷川神社のお守り(左下)御朱印(右)

気象神社の「必天気御守」(左上)氷川神社のお守り(左下)御朱印(右)

お正月の催し物(2018年12月-2019年1月版)

元旦の0時から、氷川神社氏子青年会により参拝者に御神酒がふるまわれる。(なくなり次第終了)

DATA

  • 住所:杉並区高円寺南4-44-19
  • 電話:03-3314-4147
  • FAX:03-3315-0034
  • 最寄駅: 高円寺(JR中央線/総武線) 
  • 取材:千田F子
  • 撮影:千田F子
  • 掲載日:2015年08月10日
  • 再取材日:2016年04月28日

関連記事

「はじめての寄席」の会場である小杉湯。終演後すぐに営業するため、浴槽に湯をはっているので室内は暖かい(写真提供:高円寺演芸まつり実行委員会)

掲載日:2017年04月10日

高円寺演芸まつり

(高円寺駅)

くわしく>>

掲載日:2008年01月01日

堀之内妙法寺

(新高円寺駅)

くわしく>>