気象神社

軍事施設の中にあった気象神社

気象神社は戦前、旧陸軍の施設である陸軍気象部(かつての馬橋4丁目、現在の高円寺北4丁目)の構内にあった。現在は、高円寺駅からほど近い高円寺氷川神社内に末社として祀(まつ)られている。禰宜(※1)の松井美加子さんから借用した『陸軍気象史』によると、最初の社殿は1944(昭和19)年に、陸軍気象部の正門を入った右手に竣功(しゅんこう)されたとある。その翌年、4月13日の空襲で焼失するが、終戦直前に再建。現在の社殿は2003(平成15)年に立て直されたもので3代目にあたる。
気象神社という名は、陸軍気象部にあった時代からの名称である。そもそもなぜ軍事施設に神社が建立されたのだろうか?『陸軍気象史』によると、当時の陸軍気象部の研究は、さまざまな局面を想定した高層気象観測や気象判断等に及び、科学的でかなり高度な内容だった。一方、前線での気象予報は、情報不足もあり不完全であった。気象学の理論と現実との間に大きなギャップがある状況下で、「精神的な拠り所となることを目的に建てられたのではないか」と書かれている。
同社は、戦後1948(昭和23)年9月23日に陸軍より払い下げとなった。馬橋にあったのに馬橋稲荷神社ではなく高円寺氷川神社に遷座(※2)された理由について、山本雅道宮司は「当初、馬橋稲荷神社に引き取られたが、当時の故山本実宮司と馬橋稲荷神社の宮司が話し合った結果、高円寺氷川神社に移設し、当局に申請して正式に払い受けたと聞いている。」と語る。何とも数奇な運命である。
気象神社の例大祭は、気象記念日である6月1日だ。例大祭には、今では少なくなったが旧陸軍気象部に勤務されていた方も参列する。

※1 禰宜(ねぎ):神主の下、祝(はふり)の上に位する神職
※2 遷座(せんざ):神仏の座をほかの場所へ移すこと

DATA

  • 住所:杉並区高円寺南4-44-19
  • 電話:03-3314-4147
  • FAX:03-3315-0034
  • 最寄駅: 高円寺(JR中央線/総武線) 
  • 出典・参考文献:

    『陸軍気象史』陸軍気象史刊行会

  • 取材:小泉ステファニー
  • 撮影:小泉ステファニー
  • 掲載日:2015年08月10日
  • 再取材日:2016年04月28日

現在の気象神社

現在の気象神社

陸軍通信学校。この建物から陸軍通信学校が転出した後陸軍気象部が入った 写真:『躍進の杉並』から

陸軍通信学校。この建物から陸軍通信学校が転出した後陸軍気象部が入った 写真:『躍進の杉並』から

御祭神は八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)

御祭神は八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)

関連記事

2メートルほどの高さのある狛犬と大きな拝殿

掲載日:2015年08月10日

高円寺氷川神社

(高円寺駅)

くわしく>>