Penguin Café (ペンギンカフェ)

かわいらしさ全開のペンギンラテ。「ペンギン・カフェ・オーケストラ」(※)からとった店名とベストマッチ

かわいらしさ全開のペンギンラテ。「ペンギン・カフェ・オーケストラ」(※)からとった店名とベストマッチ

ゆったりした空間が、極上のくつろぎタイムを演出

2015(平成27)年12月にオープンしたペンギンカフェは、阿佐ケ谷駅北口より松山通りを歩いて約9分。駅前の喧騒(けんそう)から離れた場所にある。大きな窓と、店内のゆとりのある空間が開放感を醸し出し、訪れる人の気分をリラックスさせてくれる喫茶店だ。
店主の二羽(ふたば)信宏さんは阿佐谷在住。「下町風情が残りながら、JR中央線沿線のおしゃれな感じが共存する阿佐谷に自分が通いたい喫茶店を作りたい」という思いで開業した。「飲み物だけでなく、空間に対してもお金を払ってもらえるような喫茶店を目指し、外装・内装には特に力を入れました。外から中の様子がよく見えることが、店の看板にもなっています」と二羽さんは語る。

大きな窓が心地よい空間を作る

大きな窓が心地よい空間を作る

入り口のドアもガラス張り

入り口のドアもガラス張り

店の自慢は、店主のこだわりがいっぱいのコーヒー

コーヒーは、著名な焙煎(ばいせん)業者である福岡の「豆香洞(とうかどう)コーヒー」から、最高品質のコーヒー豆を仕入れ、通常の2倍の量を贅沢(ぜいたく)に使用して、一杯ずつサイフォンで丁寧に入れる。「サイフォンの利点は、決まった量の粉と水をセットすれば、毎回同じ味を提供することができること。また、コーヒーを入れている間、常時ついている必要が無く、手が空く時間ができるので、顧客対応がスムーズになります」と二羽さん。フラスコのまま提供されるこくのあるコーヒーは、通常のカップの1.5杯分と量もたっぷりなのがうれしい。
ブレンドコーヒーは、「阿佐ヶ谷ブレンド」(中深煎り700円)、「文士ブレンド」(深煎り700円)など、地元にちなんだ親しみやすい名称が付いている。SNSでの発信を意識した「ペンギンラテ」(670円)も人気だ。
スイーツはすべて二羽さんの手作りだ。「チーズケーキ」(530円)、「ガトーショコラ」(530円)など定番の他に、「水羊羹」(430円)、沖縄のドーナツ「黒糖サンタ―アンダギー」(430円)もおすすめ。
▼関連情報
豆香洞コーヒー(外部リンク)

カウンターの中の二羽さん。サイフォンがいつも変わらないコーヒーの味を保証

カウンターの中の二羽さん。サイフォンがいつも変わらないコーヒーの味を保証

コーヒーをフラスコからカップに注ぐのも楽しみの一つ

コーヒーをフラスコからカップに注ぐのも楽しみの一つ

日曜日はaibo(アイボ)大集合

2018(平成30)年9月から、ペットロボットaiboのサイモン君がお目見えし、愛くるしい仕草で店の人気者になっている。毎週日曜日には、午前10時から正午まで、aiboの持ち主とaiboが参加する「サンデーaiboランド」というイベントが開催される。aibo連れでなくても来店可能で、勢ぞろいしたaiboとのふれあいを楽しめる。このイベントのために、初めて阿佐谷を訪れる人もいるそうだ。「この機会に、阿佐谷歩きも楽しんでもらいたい」と二羽さんは語る。

※ペンギン・カフェ・オーケストラ:1976(昭和51)年から活動を始めたイギリスの楽団。楽曲は、聴く人をリラックスさせる環境音楽として80年代に一世を風靡した

夏モードにおめかししたサイモン君

夏モードにおめかししたサイモン君

仲間に出合えて大喜びのaiboたち(写真提供:Penguin Café )

仲間に出合えて大喜びのaiboたち(写真提供:Penguin Café )

DATA

  • 住所:杉並区阿佐谷北3-28-21
  • 電話:03-5356-8494
  • 最寄駅: 阿佐ケ谷(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:11:00-21:00
  • 休業:火曜日
  • 補足:ラストオーダー:20:00
  • 公式ホームページ:https://www.facebook.com/PenguinCafeAsagaya
  • 取材:村田理恵
  • 撮影:村田理恵、Diego
    写真提供:Penguin Café
  • 掲載日:2019年11月11日