麺屋まいど

すっきりした味わいでファンも多い「煮干し中華そば」 

すっきりした味わいでファンも多い「煮干し中華そば」 

煮干しに鶏、豚を合わせたスープが自慢のつけ麺

【こだわり】特にない。自分の考えたバランスを整えるだけ

他:煮干中華そば、辛つけ麺、武蔵野うどん風和風つけ麺、トマトつけ麺、油そば/大盛り(50円)、特盛り(150円)/トッピング:チャーシュー、味玉、メンマ/葱チャーシュー飯/ラーメン専門店/8席/子供可/2017年開業

2011(平成23)年、西武新宿線の久米川駅(東村山市)近くに開業した「麺汁屋まいど」。つけ麺が売りの人気店だったが、事情により閉店後、2017(平成29)年4月、阿佐ケ谷駅北口徒歩約1分の線路沿いに麺屋まいどとして再オープンした。
オーナーシェフの松延(まつのぶ)さんは、中華料理店でコックを30年間勤めたベテラン。食材の知識や調理経験も豊富だったが、自身が目指すラーメンを作るため、多くの人に知見を得ながら一から学び直し、現在の和風だしベースのつけ麺を完成させたという。
一番人気の「濃厚魚介つけ麺」は、濃い煮干しだしをベースに、鶏・豚スープをバランスよくブレンドした甘みと、かすかな酸味のある醬油味。煮干し系でありがちなザラつき感の少ない飲みやすいスープが、若い女性や中高年の男性に好評だ。 麺は人気の製麺ブランド「三河屋製麺」製。ツルツルとした中細ストレート麺で、もちもちとした食感だが、のどごしが良く、存在感のあるスープとの相性も抜群。「最近は、女性でも特盛の400グラムを平らげる方も、けっこういらっしゃいます。女性のお一人様も多くなりました」と松延さんは話す。トッピングでは、厚切りでやわらかいチャーシュー、半熟の味玉、大き目の海苔がセットになった特性仕様がおすすめとのこと。

DATA

  • 住所:杉並区阿佐谷北2-1-1
  • 電話:03-3338-6565
  • 最寄駅: 阿佐ケ谷(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:11:30-15:30 / 18:00-24:00
  • 休業:月曜
  • 補足:土曜・日曜・祝日:11:30-15:00 / 18:00-22:30
  • 取材:高円寺かよこ
  • 撮影:高円寺かよこ
  • 掲載日:2019年01月07日

濃厚魚介つけ麺/750円/200g。写真はオーナーおすすめの特性仕様(プラス250円)

濃厚魚介つけ麺/750円/200g。写真はオーナーおすすめの特性仕様(プラス250円)

カウンター席だけだが、荷物置き場があり、テーブルの奥行もゆったりしている

カウンター席だけだが、荷物置き場があり、テーブルの奥行もゆったりしている

期間限定品「カレーつけ麺」。ラーメン専門店としては珍しい欧風系カレー味のつけ麺を楽しめる

期間限定品「カレーつけ麺」。ラーメン専門店としては珍しい欧風系カレー味のつけ麺を楽しめる

阿佐ケ谷駅北口を出て目と鼻の先

阿佐ケ谷駅北口を出て目と鼻の先