蕎麦たぐる

つゆが自慢のおいしい蕎麦

店のとびらを開ける前から、蕎麦つゆのいい匂いが漂う蕎麦たぐる。ここではまず「白だしそば」(450円)を食べて欲しい。いわゆるかけ蕎麦だが、金色の透明なだしから立ち上る香りは、すっきりとして旨みは濃厚だ。
店の主人・金さんは元会社員。蕎麦どころ長野の出身で、好きな蕎麦を仕事にしたいと26年勤務した会社を退社。開業に当たって「自分が食べたい蕎麦を、毎日でも食べられる値段で提供する店にしたい」と考えた。「なら、だしだ」、思い立った金さんはかつおぶし問屋に相談。試行錯誤で調整し、この味にたどり着いた。店頭には「つゆまで飲み干すたぐるのそば」というポスターを貼るほどの自信作。合わせる蕎麦は、特注した挽きぐるみ(※1)の蕎麦。しなやかで甘みがある。さらに食事として満足できるメニューも。合鴨の脂がとろりとだしに溶け出す「鴨そば」(950円)やボリュームのある「牛肉そば」(800円)も人気が高い。「カレーつけ」(900円)は、阿佐ケ谷駅近くのスパイス店「エベレスト スパイス アンド ハラル フード」に飛び込んでスパイスの組み合わせ指導を受けた。スパイシーだが蕎麦に合うカレーに仕上がっている。もちろん、一日の終わりを彩る「蕎麦前」(※2)もあり、全国の銘酒がカップ酒(550円~)で楽しめる。
・ランチ/ディナー 450円~
 
※1 挽きぐるみ:蕎麦の実を製粉するときに皮を剥(む)かずに製粉した蕎麦粉のこと。香りが強い
※2 蕎麦前:蕎麦を食べる前に蕎麦の具材などを肴に酒をたしなむこと

DATA

  • 住所:杉並区梅里2-40-18
  • 電話:03-6304-9985
  • FAX:03-6304-9985
  • 最寄駅: 南阿佐ヶ谷(東京メトロ丸ノ内線) 
  • 営業時間:11:30-14:00 / 17:00-20:00
  • 休業:月曜・祝日
  • 取材:小泊あけみ
  • 撮影:小泊あけみ
  • 掲載日:2017年12月25日

透明なつゆに濃厚な旨さが秘められた「白だしそば」

透明なつゆに濃厚な旨さが秘められた「白だしそば」

2人席が中心の全17席

2人席が中心の全17席

カウンターに、阿佐谷の天ぷら店から提供された揚げ玉と、主人好みの漬け物がサービスとして並ぶ

カウンターに、阿佐谷の天ぷら店から提供された揚げ玉と、主人好みの漬け物がサービスとして並ぶ

2017(平成29)年5月開業。南阿佐谷駅から徒歩約5分、青梅街道沿い

2017(平成29)年5月開業。南阿佐谷駅から徒歩約5分、青梅街道沿い