永福 青柳

挑戦し続ける老舗和菓子屋

永福町駅から徒歩約1分、井の頭通りに面して「永福 青柳」がある。1934(昭和9)年に創業、地元に愛される和菓子の老舗だ。
「小豆は十勝、白いんげん豆は帯広、小麦粉は江別、もち米は新潟と、国産の新鮮なものを使っています」と語るのは、店主・一杉卓司(ひとすぎたくじ)さんだ。一杉さんの朝は早い。「朝生(あさなま)」と呼ばれる大福やだんご、赤飯を、毎朝5時15分から作り始め、9時には店いっぱいに和菓子を並べる。こうした素材へのこだわりや丁寧な仕事ぶりが、常連客の気持ちを離さないのだろう。
内閣総理大臣賞を受賞したことがある焼き菓子「永福」(140円)や、もちもちの柔らかい食感が独特な「吉兆餅」(184円)は、長く愛されている名品だ。また、季節限定の「ぶどう大福」(216円、9月~11月)や「いちご大福」(216円、12月~4月)も、餅にくるまれたフルーツがはじけて果汁が口の中いっぱいに広がるおいしさだ。
「ここ永福は地理的に“東京のへそ”なんです。中心から発信して、和菓子の活気を取り戻したい」と言う一杉さん。和菓子の未来に、夢は広がっているようだ。
おすすめ商品
「和菓子の可能性って、実はいろいろあるんですよ」と、新しいことへの挑戦も忘れない。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、2017(平成29)年7月から「杉並五鈴最中(すぎなみごりんもなか)」の販売をオンラインショップ限定で開始した。タッセルの付いたおしゃれなパッケージを開けると、天然色素のやさしい色合いの最中が一見無造作に納まりかわいらしい。「しっとりとした甘さが、たまらない。一口サイズで気軽に味わえるのもいいですね」と、常連客にも好評だ。杉並土産としても喜ばれそう。

DATA

  • 住所:杉並区永福4-4-2
  • 電話:03-3321-2626
  • FAX:03-3321-3661
  • 最寄駅: 永福町(京王井の頭線) 
  • 営業時間:9:00-19:00
  • 休業:年中無休
  • 公式ホームページ:http://www.eifuku-aoyagi.com/
  • 取材:すず丸
  • 撮影:すず丸
    写真提供:青柳
  • 掲載日:2017年10月16日
  • 再取材日:2017年09月07日

「五輪」カラーで仕上げた「杉並五鈴最中」。鈴形とまねき猫形の最中が7個セットになって1,000円 

「五輪」カラーで仕上げた「杉並五鈴最中」。鈴形とまねき猫形の最中が7個セットになって1,000円 

店主の一杉さん。和菓子作りへの熱い思いにあふれている

店主の一杉さん。和菓子作りへの熱い思いにあふれている

青柳の和菓子は、芸能人が差し入れに利用することもしばしば。「福招き詰め合せ」は10個1,500円(写真提供:永福 青柳)

青柳の和菓子は、芸能人が差し入れに利用することもしばしば。「福招き詰め合せ」は10個1,500円(写真提供:永福 青柳)

店舗外観

店舗外観