タータン珈琲・田中屋

ウォータードリッパーでゆっくりと抽出する水だしコーヒー

シャレール荻窪(旧荻窪団地)の近くにあるタータン珈琲(コーヒー)・田中屋は、自家焙煎する珈琲専門店だ。
通りがかると、どこか懐かしい雰囲気の店構えと、ほのかに漂うコーヒーの香りに引かれるだろう。
店主は「タータン」こと田中さん。脱サラして、夫人が営んでいた食料品店の一角に好きなコーヒーを商品の1つとして置いた。その後1978(昭和53)年からはコーヒー豆の販売に特化した。ダッチ式ウォータードリッパー(※)との出会いが、まろやかな、香り豊な水だしコーヒーの追求へと進ませた。水だしコーヒーに合う豆を探し、平成に入った頃から水だしコーヒー「一滴のしずく浪漫」の販売を開始。近所に住む女優が「一滴のしずく浪漫」をTVで紹介したのを契機に、各地の百貨店等での催事販売に乗り出し、今も続いている。催事販売の際も、自慢のダッチ式ウォータードリッパーを持ち込んで、客に水だしの過程を見てもらっているそうだ。
おすすめ商品
ダッチ式ウォータードリッパーで一滴ずつ時間をかけて抽出する、水だしコーヒー「一滴のしずく浪漫」(1リットル1,400円/1カップ350円)。「7~8時間かけて水で抽出するため、溶け込むカフェインの量が少なく、また脂肪分が溶け込まないので、酸化が遅く風味が長持ちします」と田中さんは言う。新鮮なコーヒー豆からでなければ出せない、苦みのないスッキリとした味わいで、お湯で入れるコーヒーとはまったくの「別物」だそうだ。ホット用のコーヒー豆では、インドネシア産の「ミルキーマンデリン」(200グラム1,300円)が店のおすすめ。焙煎具合や豆の挽(ひ)き方も注文に応じてくれる。各地の催事でのみ販売する「コーヒーゼリー」やコーヒー味のソフトクリーム「かうひいソフト」も人気だ(催事情報は公式HP参照)。

※ダッチ式ウォータードリッパー:水だしコーヒーの抽出方法は、主にコーヒーの粉に水を一滴一滴たらす「ドリップ式」と水に浸して抽出する「浸透式」があるが、ウォータードリッパーは前者。ダッチ式はオランダ式のこと

DATA

  • 住所:杉並区荻窪1-58-14
  • 電話:03-3393-5001
  • FAX:03-3393-5007
  • 最寄駅: 南阿佐ヶ谷(東京メトロ丸ノ内線)  荻窪(東京メトロ丸ノ内線)  荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:14:00-23:00
  • 休業:不定休・年末年始
  • 補足:営業時間はおおよその目安です
  • 公式ホームページ:http://www.tartan-coffee.com/
  • 取材:ちしろっち(区民ライター講座実習記事)
  • 撮影:ちしろっち、TFF
  • 掲載日:2017年10月02日

後味スッキリで飲みやすい「一滴のしずく浪漫」。ペットボトルでも販売している。自宅でコーヒーゼリーを作るのもよいだろう

後味スッキリで飲みやすい「一滴のしずく浪漫」。ペットボトルでも販売している。自宅でコーヒーゼリーを作るのもよいだろう

ダッチ式ウォータードリッパー。「メーカーによれば、日本でもトップレベルの台数」と店主の田中さん

ダッチ式ウォータードリッパー。「メーカーによれば、日本でもトップレベルの台数」と店主の田中さん

焙煎の様子

焙煎の様子

荻窪駅より徒歩約18分。「シャレール荻窪入口」バス停からすぐ。赤い看板が目印

荻窪駅より徒歩約18分。「シャレール荻窪入口」バス停からすぐ。赤い看板が目印