珈琲屋3158

善福寺川緑地の木立の中で味わうコーヒー

2016(平成28)年4月に自宅一軒家の1階に店を構えた珈琲屋3158。そのユニークな店名は、住所の番地を4桁にしたものだ。南阿佐ケ谷駅から徒歩15分ほどのところにあり、店のすぐ前には、一年を通じて自然と触れ合うことができる善福寺川緑地が広がっている。
オーナーの佐々木さんは喫茶店での勤務の経験があり、ずっと胸に抱いてきた「公園の近くでカフェを開きたい」という夢を叶えるために、わざわざこの地へ引っ越してきたそうだ。店内は、程よい照明と窓から差し込む光が、家具や壁に微妙な陰影を作っている。まるで自然光の中にいるようで、屋内にいることを忘れてしまいそうだ。
ブレンドコーヒー(400円)は、佐々木さんが一杯ずつ丁寧に、挽(ひ)き立ての豆で入れてくれる。雑味はなく、苦みと酸味のバランスもちょうどよい正統派のおいしさだ。キリマンジャロやマンデリンなどのストレートコーヒー(500円)は、抽出方法をプレス、ステンレスフィルター、ペーパーフィルターから選べる。
スイーツのおすすめは、きめ細かな口溶けのシフォンケーキ(400円)。幅広い年齢層やさまざまな好みの客に対応できるよう、添えられているホイップクリームはあえて砂糖を加えずに仕上げてある。この他、「黒蜜とよもぎ白玉入りアイスクリーム」など、月替わりで季節のスイーツがメニューに登場。お酒も楽しめるように、ビール(400円)や季節のアルコール類(450円)なども用意されている。
佐々木さんはその控えめで落ち着いた外見に似ず、珈琲の知識や技術を学ぶために東京から神戸にあるスクールへ何度も足を運んだほどの行動力の持ち主。また、茶道を勉強しているので、カフェでは珍しい抹茶(450円)もいただける。
自然の中でゆったりと過ごす贅沢(ぜいたく)な時間をじっくり味わってみたい。

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 特集>公園に行こう>都立善福寺川緑地

DATA

  • 住所:杉並区成田西3-15-8
  • 電話:03-6324-3679
  • 最寄駅: 南阿佐ヶ谷(東京メトロ丸ノ内線) 
  • 営業時間:10:00-19:00
  • 休業:火曜(年末年始は要確認)
  • 補足:LO: 18:30
  • 公式ホームページ:https://www.facebook.com/ippuku3158/
  • 取材:長谷川 良子(区民ライター講座実習記事)
  • 撮影:長谷川 良子
  • 掲載日:2017年10月02日

黒板に手描きのイラストが描かれた看板が目印。この日はカエル君とアジサイのイラストがお出迎え

黒板に手描きのイラストが描かれた看板が目印。この日はカエル君とアジサイのイラストがお出迎え

店の前には善福寺川緑地が広がる

店の前には善福寺川緑地が広がる

珈琲屋3158のおすすめ、シフォンケーキとコーヒー。入れ立てのコーヒーの香りとケーキの優しい食感に癒やされる

珈琲屋3158のおすすめ、シフォンケーキとコーヒー。入れ立てのコーヒーの香りとケーキの優しい食感に癒やされる

「たまに、でよいので、リフレッシュしに来てほしい」と話すオーナーの佐々木さん。聞き上手で話し上手な女性

「たまに、でよいので、リフレッシュしに来てほしい」と話すオーナーの佐々木さん。聞き上手で話し上手な女性