レンタルスペース・カフェギャラリー
こころみ

築80年を越えた日本家屋で、心と体にやさしい時間を

こころみは、昭和初期に建てられた実家を活用して、70代の長谷川さんとその娘の母娘で営むレンタルスペース兼カフェ。日本家屋の玄関部分と応接間をリノベーションし、2016(平成28)年5月にオープンした。高円寺駅から徒歩6分、中央児童館の並びにある。
1階のキッチン・カフェスペースと2階にある二間の和室をレンタルスペースとして貸し出しているが、予約のない時間帯は1階でカフェを営業。提供する料理には、「昔ながらの手仕事で作る加工・発酵食品の本来の味を知ってほしい」と、できるかぎり保存料や防腐剤を使わないのが特徴。三升漬(青なんばん・麹・醤油を漬けたもの)をはじめとする自家製の調味料や乾燥野菜、店の庭で採れる素材も使用したメニューがそろっている。
スパイスをふんだんに使う深い味わいの「アーマラキーカレー」(1,000円)には、店で乾燥させたフルーツや野菜をトッピング。「りんご酢」「おれんじ酢」など旬の果物を酢に漬けて炭酸で割ったものや「ジンジャーエール」など自家製ソフトドリンク(各450円~)、「季節のフルーツコンポート」(450円~)等、その時期のものが味わえるのが魅力だ。
「みんなが集い、心穏やかに過ごせる空間で体にやさしいものを出す食事処をやりたかった」という長谷川さんの思いを、歴史のある建物と昔ながらの料理法を生かしたメニューが表している。

DATA

  • 住所:杉並区高円寺南2-53-7
  • 電話:03-5306-3804
  • 最寄駅: 東高円寺(東京メトロ丸ノ内線)  高円寺(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:11:30-17:00
  • 休業:不定休
  • 補足:上記のうち11:30-14:00はランチタイム。予約があればディナー営業も可
  • 公式ホームページ:http://kokoromi.ever.jp/
  • 取材:ヤマザキサエ
  • 撮影:ヤマザキサエ
  • 掲載日:2016年10月03日

「アーマラキーカレー」には前菜3種が付く。カレーや前菜の食材は季節で変わる

「アーマラキーカレー」には前菜3種が付く。カレーや前菜の食材は季節で変わる

家にあった古い道具類が飾られている店内。モダンなガラス窓は建築当時からのもの

家にあった古い道具類が飾られている店内。モダンなガラス窓は建築当時からのもの

軒先にぶどうのツタが絡む日本家屋。看板がなければ、ここがカフェだと気づかないほど静かなたたずまい

軒先にぶどうのツタが絡む日本家屋。看板がなければ、ここがカフェだと気づかないほど静かなたたずまい

2階のレンタルスペース(八畳と六畳)。和室を活かした教室などのほか、2016(平成28)年7月には初のジャズライブも行われた(写真提供:こころみ)

2階のレンタルスペース(八畳と六畳)。和室を活かした教室などのほか、2016(平成28)年7月には初のジャズライブも行われた(写真提供:こころみ)