区の文化のシンボル-杉並公会堂

2006(平成18)年に完成した杉並公会堂
こだわりに満ちた建物と設備

荻窪駅北口から四面道方面に青梅街道を歩くこと約7分、「光と風のハーモニー」をテーマに建設された杉並公会堂が姿を現す。2、3階の外壁を覆う柔らかな半透明のプロフィリットガラス(※1)が、内部の動きを影絵のように映し出し、夜は幻想的な雰囲気を醸し出す。かつて四面道に灯っていた常夜灯をイメージしており、建物全体が暖かい「街の灯り」としての役割を担っている。優れた公共建築物として、2010(平成22)年には公共建築賞優秀賞を受賞。
館内には、国内有数の音響効果を持つ大ホール(1,190席)、演劇や発表会など多目的用途の小ホール(可動式194席)、オーケストラのリハーサルや展示会などに利用できるフリースペース「グランサロン」(245㎡)、リハーサルやバンドの練習などができる5つのスタジオが備わる。区民をはじめとする利用者に幅広く活用してもらうため、多用途に対応する舞台や音響・照明・残響可変装置を備えている。世界3大ピアノ(スタインウェイ・ベーゼンドルファー・ベヒシュタイン)がそろうことも大きな特徴である。なお「グランサロン」は、日本フィルハーモニー交響楽団の練習会場として提供されており、大ホールに肩を並べる空間ボリュームと室内音響性能を確保している。

※1 プロフィリットガラス:型板ガラスをコの字形に曲げ、外光や照明を利用した光の壁をつくることができるガラス建材


▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 文化・雑学>杉並の景観を彩る建築物>杉並公会堂

敷地面積約2,830㎡、洗練された端正な外観(写真提供:杉並公会堂)

敷地面積約2,830㎡、洗練された端正な外観(写真提供:杉並公会堂)

2、3階の明るく落ち着いたパブリックスペース、ホワイエ(写真提供:杉並公会堂)

2、3階の明るく落ち着いたパブリックスペース、ホワイエ(写真提供:杉並公会堂)

専門家にもお茶の間にも愛された旧杉並公会堂

現在の杉並公会堂は、旧杉並公会堂(以下、旧公会堂)の老朽化が進んだことから、2003(平成15)年に建物を取り壊し、2006(平成18年)にリニューアルオープンしたものである。
旧公会堂は、1957(昭和32)年に竣工。46年間にわたり「杉並区の文化的シンボル」として区民に親しまれた。建設にあたっては、活動弁士(※2)だった徳川夢声氏、作曲家の小松耕輔氏、松山バレエ団団長(当時)の清水正夫氏らによる専門委員会を設置。徳川氏の意見により、区の建設予定地に約1,000㎡の土地を買い増しし、1,176席収容のホールが完成した(コラム3参照)。
当時の東京に1,000席以上ある大ホールは日比谷公会堂しかなく、クラシック公演をはじめ、合唱やジャズのコンサート、シンポジウム、成人式など、利用目的は多岐にわたった。レコーディングの場としても、作曲家の近衛秀麿(このえひでまろ)氏や黛敏郎(まゆずみとしろう)氏が愛用。また、一世を風靡(ふうび)した人気番組「8時だョ!全員集合」など、テレビ番組の収録にも頻繁に用いられた。1966(昭和41)年7月9日には、翌日からのテレビ放送に先立ち「ウルトラマン前夜祭」が開催され、ウルトラマンが初めて一般にお披露目されたことでも知られる(コラム4参照)。
1994(平成6)年には杉並区が日本フィルハーモニー交響楽団と友好提携を締結。以後、日本を代表するオーケストラの文化発信基地としても存在をアピールしている(コラム5参照)。

※2 活動弁士:無声映画を上映中、内容を語りで表現して解説する専門の職業的解説者

「東洋一の音楽の殿堂」の別名で知られた旧公会堂(写真提供:菊池潤)

「東洋一の音楽の殿堂」の別名で知られた旧公会堂(写真提供:菊池潤)

工事費は2億3,950万円であった(写真:杉並区所蔵)

工事費は2億3,950万円であった(写真:杉並区所蔵)

「東洋一の文化の殿堂」と謳(うた)われた旧公会堂

旧公会堂がテレビ番組の収録やレコーディングの場として好まれた理由は、その優れた音響設備にあった。後に日本音響学会会長を務めた二村忠元教授を中心とする、東北大学の二村研究室が設計を担当。特にホール内側壁に装備した残響可変装置は、予算不足で手動式にしかできなかったものの大変な好評を博し、「東洋一の文化の殿堂」と呼ばれるようになった。旧公会堂を知る元職員の塚原悟氏は、「舞台と観客が感動を共感できた。」と旧公会堂の魅力を語っている。
ホールには、吊上げスクリーンによるシネマスコープ映画設備も完備。映写機の音声を、映写機付属のスピーカーではなく、ホールの音響設備を使って出すようにしたのは、旧公会堂が初めてである。映写機は、中島飛行機の後身である富士精密工業の「フジセントラル」という型が用いられた。
またスタインウェイに加え、日本では珍しい「幻の名器」メイソン&ハムリンの大型ピアノが設置された。国内品としては、1967(昭和43)年に開発されたヤマハCF(フルコンサート)グランドピアノを導入。弾き初めを行ったのはピアニストの中村紘子氏であり、ピアノ内部にサインが残っている(現在、浜田山会館が所蔵)。

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 歴史>【証言集】中島飛行機 軌跡と痕跡

旧公会堂ホール。「東洋のカーネギーホール」とも呼ばれた(旧公会堂資料より)

旧公会堂ホール。「東洋のカーネギーホール」とも呼ばれた(旧公会堂資料より)

「杉並公会堂さよならフェスティバル」も催された(写真:杉並区所蔵)

「杉並公会堂さよならフェスティバル」も催された(写真:杉並区所蔵)

ウルトラマンお披露目の場となった旧公会堂

今や世界的に有名になった東宝の空想特撮作品「ウルトラシリーズ」。その第1作目の「ウルトラQ」は、1年にわたる制作期間と多額の予算をかけて、1966(昭和41)年1月2日からTBS系列で放送された。日本全国に湧き起こった「怪獣ブーム」の中、TBSは番組枠のシリーズ化を決定。「ウルトラQ」放送終了後の同年7月9日、杉並公会堂で新シリーズの番組PRイベント「ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生」が開催された。公会堂での舞台劇には、ウルトラマン、ウルトラ怪獣、科学特捜隊が出演した他、ウルトラマンの生みの親である円谷英二監督もゲストで登場。イベントの演出は、のちに「ウルトラマン」「ウルトラセブン」で多数の名エピソードを作ることになる実相寺(じっそうじ)昭雄氏が担当した。この「前夜祭」は翌10日に公開録画中継で放送。視聴率は30%を超えた。
「ウルトラマン」の第1話「ウルトラ作戦第一号」がテレビ放送されたのは、翌週7月17日のことである。本シリーズは大ヒットを記録した。

旧公会堂から現公会堂へ。ウルトラマン再登場
杉並公会堂では、放送開始50周年を記念して2016(平成28)年7月9日と10日に、歴代のウルトラ戦士やゆかりのアーティストが集合するイベント「ウルトラマンin 杉並公会堂」の開催が予定されている。メモリアルライブやトークイベントに加え、ホビーマーケットなどが開かれる。かつてウルトラマンや隊員たちに憧れた子供たちも今では親世代。子や孫世代も交え、杉並の地でウルトラマンの再来に胸を熱くできそうである。

▼関連情報
ウルトラマンの日in杉並公会堂(外部リンク)

日本フィルとの友好連携 - 今後に高まる期待

1994(平成6)年以降、杉並公会堂は、日本フィルハーモニー交響楽団のフランチャイズ・ホール(拠点)として使用されている。現在約80名の楽団員を擁する同楽団の桂冠名誉指揮者(※3)、小林研一郎氏は、現公会堂について「およそ今までのホールに見られなかったまったく死角のない素晴らしい響きだ。指揮者として感動を覚える。」と語る。同楽団は、シーズンコンサートに加え、「公開リハーサル」(年5回)、「出張音楽教室」(年10回)、「区役所ロビーコンサート」(年4回)、ワークショップなど、区や区民と協力して音楽事業を積極的に開催。年7回開かれる「音楽鑑賞教室」には、区内の全小・中・養護学校(約5,750人)が参加し、公会堂でフルオーケストラによる名曲演奏を通して音楽の教養や鑑賞マナーを培っている。
2016(平成28)年は同楽団創立60周年にもあたり、杉並公会堂では、小林氏指揮による「ベートーヴェン交響曲ツィクルス」の特別公演が行われる(6~12月)。それに加えて、杉並公会堂自体も建て替えから10年という節目を迎え、3大ピアノが勢ぞろいする「3大ピアノ★プロジェクト PIANO三重弾!(特別ガラ・コンサート〉」、「特撰落語会」など、見逃せない企画が目白押しである。

長い歴史を重ね、ブラウン管を通しても広く親しまれてきた杉並公会堂。これからも杉並区民の財産として誇りにしたい施設である。

※3 桂冠名誉指揮者:常任指揮者や音楽監督を長く務めた指揮者に贈られる名誉称号

日本フィルハーモニー交響楽団フルオーケストラを迎えた公会堂大ホール

日本フィルハーモニー交響楽団フルオーケストラを迎えた公会堂大ホール

日本フィル杉並公会堂シリーズ は年に6回開催。年間聴衆数5,600人に及ぶ

日本フィル杉並公会堂シリーズ は年に6回開催。年間聴衆数5,600人に及ぶ

DATA

  • 住所:杉並区上荻1-23-15
  • 電話:03-3220-0401
  • FAX:03-5347-4453
  • 営業時間:9:00-22:00
  • 休業:無休(設備保守点検や年末年始など、臨時休館あり)
  • 補足:営業(開館)時間はあくまで原則
  • 公式ホームページ:http://www.suginamikoukaidou.com/
  • 出典・参考文献:

    『杉並公会堂改築基本計画概要』 杉並区生活経済部管理課 

  • 取材:山中悠
  • 撮影:写真提供:日本フィルハーモニー交響楽団、杉並公会堂、菊池潤
  • 掲載日:2016年06月27日

関連記事

抜群の音響効果を誇る、国内有数の本格的ホール(大ホール:客席数1,190)

掲載日:2016年05月23日

杉並公会堂

(荻窪駅)

くわしく>>