杉並公会堂

高機能と親しみやすさを兼ね備えた、杉並区の文化拠点

荻窪駅北口から徒歩7分。青梅街道に映える柔らかな半透明のガラスが、内部の動きを影絵のように描き出す。端正な外観は通行人の目を引くが、「新たな街の常夜灯」という設計時のイメージどおり、違和感なく地域に溶けこんでいる。
杉並公会堂がオープンしたのは1957 (昭和32)年。音響の良さ、客席数1,176席というスケールから、当時最先端のホールとして「東洋一の音楽の殿堂」の別名で知られた。1994(平成6)年には杉並区が日本フィルハーモニー交響楽団と友好提携を締結、日本を代表するオーケストラの文化発信基地としてもその存在を名高いものとした。
現在の公会堂は、2003(平成15)年に旧公会堂を取り壊して改築、2006(平成18)年6月1日にリニューアルオープンしたものである。国内初のPFI(※)事業で建設された公共ホールとして注目を集める一方、2010(平成22)年には公共建築賞優秀賞を受賞するなど、洗練されたデザインも高い評価を受けている。
建築に際してのテーマは「光と風のハーモニー」。1階のカフェと連続した中庭には光が降り注ぎ、外の喧噪(けんそう)とは無縁の穏やかな空気に包まれる。また、さまざまな色のミラーと点滅するLEDで彩られる中庭のアートなど、来館者を建物全体で楽しませようとする工夫が細部にも及ぶ。
ホールは、優れた音響環境に加え、残響可変装置をはじめとする機器など、「日本フィルハーモニー交響楽団のフランチャイズホール」の肩書にふさわしく充実した設備。ピアノはスタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタインと、世界三大名器がそろう。そのかたわら、杉並区の成人式、入学式や卒業式といった行事に対しても、広く門戸が開かれている。「建て替えから10年という節目を迎え、これまでお世話になってきた地域の皆さまに対して恩返しをしていきたい」と言う菊地一浩館長の言葉は、運営やサービスでも充実の時を迎えていることをうかがわせる。ハード・ソフト面、共に杉並区民の財産としてふさわしい建築物である。

※PFI:Private Finance Initiativeの略。公共施設などの建設、維持管理、運営等を、民間の資金や能力を活用して行う新しい手法

DATA

  • 住所:杉並区上荻1-23-15
  • 電話:03-3220-0401
  • FAX:03-5347-4453
  • 最寄駅: 荻窪(東京メトロ丸ノ内線)  荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:9:00-22:00
  • 休業:無休(設備保守点検や年末年始等、臨時休館あり)
  • 補足:営業(開館)時間はあくまで原則
  • 公式ホームページ:http://www.suginamikoukaidou.com/
  • 取材:山中悠
  • 撮影:写真提供:杉並公会堂
  • 掲載日:2016年05月23日

抜群の音響効果を誇る、国内有数の本格的ホール(大ホール:客席数1,190)

抜群の音響効果を誇る、国内有数の本格的ホール(大ホール:客席数1,190)

敷地面積約2,830㎡、洗練された端正な外観

敷地面積約2,830㎡、洗練された端正な外観

外部と隔絶した静けさと穏やかさにあふれる「光の中庭」

外部と隔絶した静けさと穏やかさにあふれる「光の中庭」

中庭に設置されたミラーのアート。世界的な照明家、豊久将三氏による作品「光のアートワーク」

中庭に設置されたミラーのアート。世界的な照明家、豊久将三氏による作品「光のアートワーク」