麺処 一笑

素ラーメンと味付きの野菜を別盛にした珍しいスタイル

【こだわり】なめらかに仕上げた濃厚スープ

他:あっさりらーめん、ハーフらーめん/麺大盛り(100円)、野菜大盛り(80円)/トッピング:辛辛ラー油、味玉、ほぐしチャーシュー、ネギ、とろけるチーズ、生ニンニク、揚げニンニク/ごはん小・大/ラーメン専門店/11席/子供可/2015年12月18日開業

阿佐谷のすずらん通り商店街南側、青梅街道近くにある麺処 一笑(めんどころ いっしょう)。オープン間もないが、早くもラーメン愛好家の支持を集めている。店主は練馬区の名店「麺処 井の庄」で経験を積み、系列店「濃菜麺 井の庄」の店長を務めた人物だ。
この店のラーメンの最大の特徴は、かけ状態のラーメンと味付けしてある野菜が別盛りになっていること。それゆえにスープと麺だけの状態をじっくりと楽しむことができる。ラーメンはちょっとしたトッピングが乗るだけで味が変化するので、具なしのシンプルな状態を味わってから、野菜を加えて味の変化も楽しんでもらおうという試みだ。
野菜の味は数種類のフレーバーから選択可能。醤油味のみの「プレーン」、ニンニクと背脂入り醤油味の「スタベジ」、「井の庄」での経験を生かしたラー油と焦がしニンニクの激辛タイプ「カラベジ」、山椒(さんしょ)のシビレを全面に出した「シビベジ」、トマトペーストにハーブを合わせたイタリアンテイストの「トマベジ」などがある。さらに魚介の「ウオベジ」、エスニックな「すっぱベジ」、スタベジにブラックペッパーを追加した「ブラベジ」の3種類が近日中に登場予定だ。
店主がもっとも心を砕いているのはスープ。豚骨から抽出した濃厚なスープを、滑らかな口当たりになるまで丁寧に時間をかけて濾(こ)していく。とっくに営業が終わった深夜もこの作業のために店に残るほどの力の入れようだ。完成したスープはまろやかで濃厚、クセはなくひたすらに飲みやすい。しっかりしたスープがあってこそ、さまざまなフレーバーを合わせても違和感が出ないのだ。スープだけの状態と、野菜をスープに入れた場合の両方でおいしく感じられるようにバランスを取っているので、安心して好みのフレーバーを選んでみて欲しい。通常より軽い味わいの「あっさりらーめん」、ハーフサイズも野菜付き。

DATA

  • 住所:杉並区阿佐谷南1-9-5
  • 電話:03-3311-8803
  • 最寄駅: 南阿佐ヶ谷(東京メトロ丸ノ内線)  阿佐ケ谷(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:11:00-16:00
  • 休業:水曜
  • 取材:マッハ
  • 撮影:マッハ
  • 掲載日:2016年03月07日

らーめん プレーン/800円/200g

らーめん プレーン/800円/200g

一見ラーメン店には見えない、女性客も入りやすい外観

一見ラーメン店には見えない、女性客も入りやすい外観

明るく広い店内の奥までカウンターが続いている

明るく広い店内の奥までカウンターが続いている

「カラベジ」。辛いもの好きには特におすすめしたいフレーバー

「カラベジ」。辛いもの好きには特におすすめしたいフレーバー