オーサ・イェークストロムの杉並散歩

Asagaya Anime Street
阿佐ヶ谷アニメストリート

スウェーデン出身で杉並在住、『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』の著者、オーサ・イェークストロムさんが、暑さがまだ残る9月のある日、杉並散歩に出かけました。オーサさんの阿佐谷での発見の数々、お楽しみください。

Nakano's “Nakano Broadway” is already famous for manga, anime and figures, but in Asagaya as well there is now an “Anime street”; a whole street (more or less) dedicated to anime and j-pop culture. It's still quite small but there are anime themed cafes -for example a café where the waiters/waitresses are aspiring to become voice actors!- cosplay shops, anime art galleries and such. What I really love about this place, though, is the clever use of the space; Suginami-ku had this unused space underneath the train track between Asagaya and Koenji and decided to dedicate it to Anime! How awesome is that!? That's Japan for you! It's a bit out of the way I guess if you're on a short visit with a tight schedule, but if you're in the area checking out Nakano Broadway and have some time to spare it's super close. So don't forget to drop by Asagaya Anime Street – it's definitely worth a visit!

(訳)中野ブロードウェイは漫画やアニメ、フィギュアで知られていますが、阿佐谷にもアニメストリートというのがあります。通り全体にアニメやJポップなどに関する店が並んでいます。今のところまだ規模は小さいのですが、アニメをテーマにしたカフェなどがあって、そこでは声優を目指すウエイターやウエイトレスさんたちが働いています。そのほか、コスプレショップやアニメギャラリーといったお店もあります。でも、私がこの場所で一番好きなのはスペースの利用法です。杉並区では高円寺と阿佐谷間にある使用されていなかった鉄道高架下の空間をアニメのために使うことにしました、それってなんて素晴らしいアイディアなのでしょう!?こういうところがまさに日本です!スケジュールが詰まった短期の日本滞在であれば、訪問を予定しない場所かもしれません。でも、中野ブロードウェイに行くことがあれば、すぐ近くの地区の阿佐谷に立ち寄ることを忘れないで。「絶対行く価値あり」ですよ!

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部>産業・商業>アニメ>阿佐ヶ谷アニメストリート

JR阿佐ケ谷駅からお散歩スタート

JR阿佐ケ谷駅からお散歩スタート

高架下のスペースが有効活用されています

高架下のスペースが有効活用されています

Asagaya Shinmeigu
阿佐谷神明宮

Asagaya Shinmeigu is a lovely shrine really close to Asagaya station. I really like the stone Torii (temple gate) as a contrast to the more common red version.
As is customary when you visit a shrine I had a Omikuji – a fortune. You pay 100 yen and get to draw a stick with a number on it and the number gives you your fortune written on a neat piece of paper (which makes a great souvenir by the way). My fortune was somewhere in the middle – not really good and not really bad, either. But to be on the safe side, I tied it on a tree provided in the compound as you usually do with bad fortunes. As I did so, however, I accidentally ripped it – probably a bad sign for the future...
But in general you don't have to walk far to find a shrine or a temple in Japan; even in a metropolis like Tokyo. They are great havens of calm in the middle of the city wherever you are, like entering another world. The contrast of a shrine next to a skyscraper kind of summarizes Japan; a land of contrasts, high tech and ancient, standing side by side.

(訳)阿佐谷神明宮(あさがやしんめいぐう)は阿佐ケ谷駅近くのすてきな神社です。赤色の鳥居とは対照的な石の鳥居が、私はとっても好きです。
神社を訪れるときの習わしとして、私もおみくじを引きました。100円を納め、番号の書かれた細い棒をひきます。その番号をきちんとした紙に書かれたものと照合すると自分の運勢がわかります。また、その紙はとてもいいお土産にもなります。ところでわたしの運勢は良くも悪くもない中吉でした。凶のときには境内の木に占いの紙を結びますが、私も念のため結びました。結ぼうとしたときに間違えて紙を少し破いてしまいましたが、将来の凶の印となってしまうのでしょうか…。
いずれにしても、日本では神社やお寺を見つけるのに延々と歩く必要はありません、たとえ東京のような首都でもね。どこでも町の真ん中に静寂な天国のような場所があって、そこに行くとまるで別世界に入るような気がします。高層ビルのすぐ横に神社があるという風景は、ある意味日本という国を見事に表しています。ハイテクと古来のものが並びあった国、それが日本です。

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部>文化・雑学>寺社>阿佐谷神明宮

石の鳥居の前で

石の鳥居の前で

not really good and not really bad の中吉

not really good and not really bad の中吉

ちょっと破けてるのがオーサのおみくじです…

ちょっと破けてるのがオーサのおみくじです…

Fishing Pond "Suzuki-en"
つり堀 寿々木園

So you can go fishing in Tokyo! And in the most unexpected places! We were planning to go fishing in Wadabori park but as it was closed we found another fishing spot only 1 or 2 minutes' walk from Asagaya station! No park attached! Just fishing! Who would have known!? I found it fascinating since I've been going past that particular spot every day for at least 2 years and had no idea I was right next to a fishing spot. Tokyo is indeed a town of surprises. For a small sum of 600 yen for an hour you can try out fishing for goldfish or bigger fish depending on the pond. We spotted a family with kids, as well as a businessman or two (probably skipping work) and caught a goldfish each. Very cute!
Supposedly you can take them home with you – not for eating though, mind you – but it seemed a shame and they were released again into their relative wildness. Thank you Goldfish! Hope it was not too much of a traumatic experience for you...

(訳)東京都内で釣りができるのです!それも全然予期しない場所で釣りができるのです!私達は和田堀公園で釣りをする予定でしたが、あいにく休みでした。そこで別の釣り堀を見つけました。それは阿佐ケ谷駅から歩いて1、2分のところです!公園はなく、ただ釣り堀だけがあるのです!誰がこんなところに釣堀があると思うでしょうか!?私は興奮しました。だってその場所のすぐ脇を少なくとも2年間毎日歩いて通っていましたが、釣り場がすぐにあったなんて夢にも思いませんでしたから。東京って本当に驚きの街です。わずか600円で1時間、金魚や、より大きな魚を釣ることができます。いくつかの池があって金魚だけのものや大き目の魚の池などと別れています。私達は家族連れやビジネスマン(もしかしたら仕事をさぼって来たのかもしれない2人連れ)のいる池で釣ることに決めました。そして金魚が1匹釣れました。かわいい金魚でしたよ。
釣った魚は持ち帰れますが、覚えていてくださいね、食べてはいけませんよ。私は持ち帰らず、自然に近い釣り堀の池に戻してあげました。
金魚さん、ありがとう!釣られことで恐ろしい経験をしたなんて、金魚さんが思わないように願っています。

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部>寿々木園

練り餌は小さいお団子状にして針に付けます

練り餌は小さいお団子状にして針に付けます

オーサが釣った金魚!

オーサが釣った金魚!

Panda coffee ten
ぱんだ珈琲店

Japan is the land of theme cafés; cats, owls, rabbits, cosplayers, maids, butlers... whatever you fancy really. But I really love Asagaya Panda Kissaten – a coffee shop entirely dedicated to pandas (not real ones, mind you).
Here you will find A LOT of pandas – pandas on the walls, panda goods, a panda in your coffee foam, a panda drawn on you omuraisu (rice omelet)...
Even where you wouldn't expect it there will be a panda – such as a tiny tiny chocolate panda hidden in your ice cafe au lait. It's very cute and quaint, the staff is nice and friendly, a perfect place to take guests visiting.
The lunch menu is quite cheap too; you get a meal such as curry, omuraisu or sandwiches along with a drink for about 1000 yen. They even have their own Panda cafe souvenirs such as keyrings, notes etc. All with pandas!

(訳)日本にはテーマを持ったカフェがたくさんあります。猫、フクロウ、うさぎ、コスプレ、メイド、執事など想像しうるすべてのテーマカフェがあります。でも、私は阿佐谷にあるぱんだ珈琲店が大好きです。全てがパンダのカフェなのです。といっても本物のパンダがいるわけではありませんよ。
このお店にはパンダの物がたくさんあります。壁に飾られたパンダのぬいぐるみや置物、パンダのアイテム、コーヒーのミルクの泡にパンダの顔、オムライスに描かれたパンダなどなど。まったく予期しないところにパンダがいるのです。アイスカフェオレの中に隠れた小さな小さなチョコのパンダがあったりするのです。お店はキュートで変わっていて、スタッフの皆さんはフレンドリーですてきな方たちです。お客さんをおもてなしするのにピッタリでしょうね。
ランチはとっても安いです。カレー、オムライスまたはサンドウイッチなどはドリンク付きで大体1,000円くらい。また、お店オリジナルのキーリングやノートなどもあります。無論すべてにパンダがいます。

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部>食>喫茶店・イートイン含む>ぱんだ珈琲店

「ぱんだオムライス」

「ぱんだオムライス」

「ぱんだモカオレ」(上)とアイスカフェオレ(下)

「ぱんだモカオレ」(上)とアイスカフェオレ(下)

Asagaya Pearl Center
阿佐谷パールセンター

In the west it seems the trend is generally huge shopping malls gradually taking over and replacing small local shops, so it's refreshing to see that old, small shopping streets are still going strong in Japan. Every station seems to have their own shoutengai – shopping street – with small local shops displaying everything from traditional sweets to the newest cell phones.
We went for a stroll in Asagaya Pearl Center - a homely shopping street that might not display the most fashionable of shops but has its own secret hidden treasures.
For example I learned that the famous Tokyo Banana Omiyage (a banana shaped sponge cake popularized as THE Tokyo souvenir) was originally from the shop in this area!
But I was most impressed when I stumbled across a second hand shop for Kimonos, Yukata and traditional Japanese accessories to go with them. They had Kimonos for 2000 yen! And obi for 100 yen! So cheap! It is said that kimonos are expensive, but I guess that depends on where you’re looking. Everything in this shop was in almost perfect condition, too!

(訳)欧米に行くほど、巨大なショッピングモールが小さな地元のお店を飲み込んでいく傾向にありますが、日本では今も昔ながらの小さなお店が健在であるのを見て、さわやかな気持ちになります。どの駅にも独自の商店街があって、そこには伝統的な甘いものから最新式の携帯電話まで、ありとあらゆるものをディスプレイした小さなお店が並んでいます。
私達は阿佐谷パールセンターを散歩しました。決して最新の品物を揃えているわけではありませんが、店独自の秘蔵の品を揃えているようなつつましいお店の並ぶ商店街です。
例えば、有名な「東京ばな奈」(東京の名物土産として知られたバナナの形をしたカステラ)は、この地区にあるお店が発祥だと知りました。
そして、私が最も印象に残ってちょっと長居をしてしまったのがリサイクル着物店でした。ここには着物、浴衣や着物に合わせるアクセサリーなどが売られています。着物がたった2,000円で売っているのです!帯は100円!安いです!着物は高価だと言われていますが、それはどこで買うかによります。また、このお店の品物はほとんどパーフェクトな状態なのです!

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部>食>スイーツ>ぶどうの木


オーサさんの杉並散歩、いかがでしたか?今回は以上で終了です。

プレゼントのお知らせ
オーサさん著のコミックエッセイ『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議2』を、オーサさんの直筆サインを入れて、3名の方にプレゼントします。ご希望の方は、こちらから応募ください。尚、当選は本の発送をもってかえさせていただきます。(締切 2015年11月23日)
※プレゼント応募は締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

リーズナブルな値段で着物が手に入りますよ

リーズナブルな値段で着物が手に入りますよ

散歩終了です。バイバイ!

散歩終了です。バイバイ!

こちらを読者3名にプレゼント!!

こちらを読者3名にプレゼント!!

DATA

  • 最寄駅: 南阿佐ヶ谷(東京メトロ丸ノ内線)  阿佐ケ谷(JR中央線/総武線) 
  • 公式ホームページ:http://ameblo.jp/hokuoujoshi/
  • 取材:オーサ・イェークストロム 日本語訳 池野良男
  • 撮影:TFF
  • 掲載日:2015年11月02日