井草八幡宮

杉並の緑に映える朱色の大鳥居たち

井草八幡宮(いぐさはちまんぐう)は青梅街道と早稲田通りの交差点そばにある。明治時代までは、源頼朝が名付けたとされる昔の地名から「遅野井(おそのい)八幡宮」と呼ばれていた。樹木茂る約一万坪の敷地は、都内の神社で4番目に広く、一歩入れば大通りが近くにあることを忘れるほど厳かな雰囲気に満ちている。
入口は2ケ所あり(※1)、井草八幡前交差点側の北参道では、木々の緑に映える朱色の大鳥居と、高さ9メートルの大灯篭が迎えてくれる。この鳥居は、東日本大震災で破損した石鳥居に代わって、2013(平成25)年に建立されたものだ。もう一方の青梅街道沿いの入口には、1957(昭和32)年建立の大鳥居があり、そこから流鏑馬神事(やぶさめしんじ)の馬場となる直線距離200メートルの東参道が伸びる。「広告や宣伝は一切やっていないんですよ。」と神職は言うが、5年に一度の流鏑馬を始めとする行事は参拝客で大にぎわいだ。
境内にある「文華殿(※2)」では、付近で出土した土器、武具、奉納額を収蔵展示している。また、併設の「井草民族資料館」では、周辺の氏子から寄進された生活用具や農工具などを見ることが可能だ。
井草八幡宮の創建年代は不明だが、1190年代ではないかとされている。当初は春日社を祀(まつ)っていたが、源氏の氏神が八幡宮であったため、八幡大神を祀るようになった。かつて社前には、源頼朝が1193年に植えた赤松と黒松があったが枯れてしまった。現在、枯れた松の根の一部を拝殿の回廊に「ついたて」として飾っている。
1664年には、今川氏堯(いまがわうじなり)によって本殿が改築された。「朱雀(すざく)の本殿」と呼ばれる一間(1.8メートル)四方の朱漆りの本殿は、杉並区最古の木造建築で、今は覆殿内に納められている。

※1 開閉門時間は季節により異なる。時間は公式ホームページを参照
※2 例祭日(9月30日~10月1日)に無料公開

御祭神
八幡大神(やはたのおおかみ)※応神天皇を指す

主な行事 ※日付は毎年固定
1月1日  歳旦祭
2月3日  節分式
2月11日 紀元祭
3月1日 祈年祭
5月1日 招神殿御霊祭(しょうしんでんみたままつり)
  3日 太鼓祭
6月30日 大祓式 夏越(おおはらいしき なごし)
9月30日 例大祭宵宮
10月1日 例大祭
  2日以降の日曜 流鏑馬神事、神幸祭(じんこうさい)、青梅街道渡御(おうめかいどうとぎょ)のいずれか(※年によって異なる)
11月   七五三祝祭
12月1日  新嘗祭(にいなめさい) 
12月31日 大祓式 年越(としこし)、除夜式

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部>特集>お花見ポイント>井草八幡宮

東参道の大鳥居。北参道にある大灯篭と同じく高さ9メートル

東参道の大鳥居。北参道にある大灯篭と同じく高さ9メートル

この覆殿内に、杉並区最古の木造建築物「朱雀の本殿」が納められている。本殿は非公開

この覆殿内に、杉並区最古の木造建築物「朱雀の本殿」が納められている。本殿は非公開

頼朝が遅野井(遅の井の井戸)を掘り当てたデザインの御朱印帳(左)、御朱印(右)

頼朝が遅野井(遅の井の井戸)を掘り当てたデザインの御朱印帳(左)、御朱印(右)

頼朝公お手植えの2本の松は今は無く、現在は2代目

頼朝公お手植えの2本の松は今は無く、現在は2代目

2019年秋の例大祭

9月30日(月)、10月1日(火)、6日(日)
30日 宵宮祭(奉納 井草囃子・井草の大太鼓など)
1日 例大祭当日(神楽奉奏・剣術奉納演武・野点席など)
6日 青梅街道渡御(北祭場より出発し青梅街道を渡御・雨天中止)
井草八幡宮のお祭りは、三年に一度の神幸祭を中心に、五年に一度の流鏑馬神事と青梅街道渡御(神幸祭・流鏑馬神事ではない年)があり、今年は10月6日に青梅街道渡御が行われる

DATA

  • 住所:杉並区善福寺1-33-1
  • 電話:03-3399-8133
  • FAX:03-3397-4088
  • 最寄駅: 上井草(西武新宿線)  西荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 補足:荻窪駅北口:0または1番乗場より、「井草八幡宮」下車
    西荻窪駅北口2番乗場より、「桃井第四小学校」下車
  • 公式ホームページ:http://www.igusahachimangu.jp/
  • 取材:おおつちさとべえ
  • 撮影:おおつちさとべえ
  • 掲載日:2015年09月28日
  • 情報更新日:2019年08月26日