三原堂

うす焼きのパリパリとした食感で飽きがこない「塩せんべい」

西荻窪 三原堂が杉並に店舗を構えたのは、昭和10年。初代の店主が四谷 三原堂よりのれん分けしてもらい、当時邸宅街だった西荻窪に開店。店主が三代目となった今も、和菓子の老舗として地域の人々に親しまれている。
おすすめ商品
「塩せんべい」(421円/10枚入り~)は、お米の粒を残して薄く焼き上げられているため、表面に細かい凹凸がある。その名前の通りメインの味付けは塩でされており、「伯方の天然塩」と「ドイツの岩塩」をミックスしている。また、醤油を加えることで、香ばしさもプラス。うす焼きのパリパリとした食感と、さっぱりとした塩味は、何枚食べても飽きがこない。「大最中」(237円/1個)は、皮が江戸時代から最中の皮を専門に作っている老舗業者のもの。一片のお餅から焼き上げる本格派の皮だ。餡には北海道産の小豆を使用。豆そのものの香りを残してふっくらと炊かれた最中専用の餡は、パリっとした皮と絶妙なバランスで上品な味わいだ。この2つの品は初代店主の時代から、ずっと変わらず販売している。
おつかいものにも「塩せんべい」と「大最中」の詰め合わせが人気。また不定期ではあるが、お得な「割れせん」の販売もあるという。

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 産業・商業>老舗企業・老舗商店>三原堂

DATA

  • 住所:杉並区西荻北3-20-12グラツィオーソ1F
  • 電話:03-3397-3998
  • FAX:03-3397-3997
  • 最寄駅: 西荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:09:00-19:00
  • 休業:日曜
  • 公式ホームページ:http://www.nishiogimiharado.sakura.ne.jp/
  • 取材:雪ノ上ケイ子
  • 撮影:雪ノ上ケイ子
  • 掲載日:2010年07月01日
  • 情報更新日:2018年02月23日

お米のつぶの残る「塩せんべい」

お米のつぶの残る「塩せんべい」

「大最中」は餡と最中のバランスが絶妙

「大最中」は餡と最中のバランスが絶妙

店舗外観

店舗外観

2015年バレンタイン商品

2015年バレンタイン商品

関連記事

初代店主、田中吉雄(左端)

掲載日:2011年01月13日

三原堂

愛される昔ながらの和菓子

くわしく>>