こがね堂

さっくりとした軽い口当たりと風味豊かな豆おかき

昭和22年に西荻窪から高井戸駅の目の前に移り、高井戸の、そして環八の変遷をずっと見続けてきたこがね堂。店内に並ぶおかき類は、もち米を炊いて餅をつくところから始まり、すべてが店の奥での手作業。せんべいも1枚1枚昔ながらの製法で焼きあげられ、醤油も2年醸造させたものを使うなど、味へのこだわりも深い。通常でも1週間、乾燥しづらい梅雨時は、10日以上もかけて、丁寧に作り上げられる。
おすすめ商品
見事なまでにさっくりとした軽い口当たりと風味豊かな豆おかき(540円)は、定番の人気商品。歯ごたえと香ばしさが煎餅好きにたまらない「江戸手焼」や薄焼きの「さざ波のり」、ひと袋で七種類のせんべいが楽しめる「なな味詰合せ」もおすすめ。また1月下旬~3月3日まで期間限定で作られる「ひなあられ」は、東京都米菓製品品評会で審査員長賞を受賞。毎年、ひな祭り当日は既に売り切れてしまう人気ぶりだ。

DATA

  • 住所:杉並区高井戸西1-29-1
  • 電話:03-3333-3803
  • FAX:03-3333-3866
  • 最寄駅: 高井戸(京王井の頭線) 
  • 営業時間:09:30-19:30
  • 休業:日曜
  • 公式ホームページ:http://www.koganedo.com
  • 取材:野上優佳子
  • 撮影:野上優佳子
  • 掲載日:2007年12月21日

豆おかき(左)と手焼きせんべい「のり丸」(右)

豆おかき(左)と手焼きせんべい「のり丸」(右)

こがね堂の包装紙

こがね堂の包装紙