喜田屋

一度食べたら忘れられない!?豆たっぷりの「豆大福」

一度食べたら忘れられない!?豆たっぷりの豆大福。
上野うさぎ屋で修行をした先代が昭和23年にこの地で創業。「職人気質で息子にも製法をなかなか教えてくれなかった」そうだ。その後2代目の作る豆大福が口コミで人気に。赤えんどう豆・小豆共に北海道産の食材を使い自店で作っている。岸朝子著『続東京五つ星の手みやげ』にむらさき大福が紹介されるなど、どの商品にも定評がある。話好きの看板娘(?)とのおしゃべりに来る人も多く、常に客の絶える時がない。
おすすめ商品
人気の豆大福(1個140円)は、2代目が「豆大福なんだから豆がしっかり入ってるべき」と考えて作ったもので、自家製餡の美味しさもさることながら豆の数と皮の薄さが衝撃的。冬場には午前中で売り切れることも。夏は作っていなかったのだが、遠方より買いに来る人が多く、現在は夏場も販売。黒米を使ったむらさき大福(1個150円)もインパクト大。他に季節ごとの商品や赤飯(300円)なども要チェック。先代から製法の変わらぬあんみつ(390円)は寒天も自家製で弾力があり、人気商品の一つだ。

DATA

  • 住所:杉並区西荻北3-31-15
  • 電話:03-3390-8903
  • 最寄駅: 西荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:09:00-20:30
  • 休業:月曜
  • 取材:コジタン
  • 撮影:コジタン
  • 掲載日:2013年08月10日
  • 情報更新日:2018年01月12日

自家製餡たっぷりの豆大福

自家製餡たっぷりの豆大福

昔ながらのあんみつ

昔ながらのあんみつ

店内の様子

店内の様子