学校法人内藤学園 東京ゴルフ専門学校

人生が変わる、未来が広がるゴルフ専門学校

高井戸駅から徒歩約5分のところにある本校舎をはじめ、約3,000坪の敷地を有するゴルフコースや民間の練習場「ハイランドセンター」で思う存分ゴルフが学べる東京ゴルフ専門学校。1989(平成元)年に日本で初めてゴルフの専門学校として認可され、創立30周年を迎えた。事務長の井口さんは、「ゴルフは敷居の高いスポーツだというイメージがありますが、全くそんなことはありません」と話す。初心者の入学も大歓迎で、例えば引きこもりだった生徒が、この学校で学んだのちインストラクターとしてゴルフ業界で活躍するようになったケースもあるそうだ。
授業では、プロゴルファーやインストラクターを目指すための知識のほか、ゴルフの歴史、マナー、ゴルフ心理学、スポーツ生理学、施設管理学、用具論、用具メンテナンス実習など、ゴルフ全般について学べる。実技はレベルに応じて目標を設定し、達成できるようなカリキュラムになっている。座学が3割、実技が7割で、実践的な内容を少人数でしっかりと学ぶことができる。

▼関連情報
ハイランドセンター

「東京のど真ん中で緑に囲まれ練習ができる」と学生たちからも好評の環境(写真提供:東京ゴルフ専門学校)

「東京のど真ん中で緑に囲まれ練習ができる」と学生たちからも好評の環境(写真提供:東京ゴルフ専門学校)

ゴルフ業界への就職サポートは万全

在校生は6名(2019年現在)。高校卒業後に入学した学生や、海外からゴルフ場経営を学びに来ている留学生、定年後にゴルフの指導者や地域貢献を目指す社会人など、さまざまな学生が在籍している。ゴルフ業界で活躍している卒業生は、特別講義を実施してくれる心強い存在。「ゴルフ業界は狭いので、本校の卒業予定者には、業界企業などからぜひ来てほしいと声がかかります。本当に引っ張りだこなんです」と井口さんは話す。進路を考える学生たちにとって最大の魅力だ。
毎年9月の連休に行われる学園祭では、教場であるショートコースの一般開放、ゴルフレッスンや競技会を開催し、模擬店で軽食を提供するなど地域の人々と交流を深めている。
また、一般向けに一部の講座の短期聴講生を募集している。

「ゴルフレッスンスクールやスタジオを立ち上げ、成功している卒業生が数多くいます」と話す内藤理事長(写真中央)(写真提供:東京ゴルフ専門学校)

「ゴルフレッスンスクールやスタジオを立ち上げ、成功している卒業生が数多くいます」と話す内藤理事長(写真中央)(写真提供:東京ゴルフ専門学校)

基本情報

内藤裕義理事長のメッセージ
「選手や指導者を目指して、熱意ある教員や仲間と共に学んでください」

教育目標
・ ゴルフを通じて「人間力」即ち、自己啓発力、自己管理力、協調性、リーダーシップなどの育成を強力に進める。
・ 日本ゴルフ界の将来を担い活躍し、その中心的役割を果たす人材育成を進める。
・ ゴルフを通じて人格を育て、能力を極限にまで求め、有能なゴルフ選手の育成を進める。

主な地域活動
・杉並区専門学校各種学校協会、公益社団法人東京都専修学校各種学校協会に加盟
・一般及び東放学園専門学校からの短期聴講生の受け入れ
・杉並区スポーツ振興財団主催ゴルフ体験講習会の講師・助手(学生)を担当

イベント情報 ※2019年度の行事
・学科聴講生(有料) 
「ゴルフ心理学講座」全12回:7月25日~11月14日 9:00~10:00
「用具メンテナンス」全6回:7月~8月 14:20~16:30
「スポーツ医学」全6回:10月~11月 15:30~16:30 
 ※その他、詳細は公式HPを参照
・学園祭:9月21日(土)、22日(日)、23日(月祝)に開催予定

著名な卒業生
北本治生(東京インドアゴルフ株式会社代表取締役)、三觜喜一(三觜ゴルフスクール主宰)、吉岡達也(ティーチング・プロ)

学生数(2019年度)
2学年合計6名

井の頭線沿いにある7ホールのショートコース(写真提供:東京ゴルフ専門学校)

井の頭線沿いにある7ホールのショートコース(写真提供:東京ゴルフ専門学校)

学生は「ハイランドセンター」のゴルフ練習場をいつでも利用できる(写真提供:東京ゴルフ専門学校)

学生は「ハイランドセンター」のゴルフ練習場をいつでも利用できる(写真提供:東京ゴルフ専門学校)

DATA

  • 住所:杉並区高井戸東3-27-11
  • 電話:03-3247-3636
  • FAX:03-3247-1818
  • 最寄駅: 浜田山(京王井の頭線)  高井戸(京王井の頭線) 
  • 公式ホームページ:https://www.tgc.ac.jp
  • 取材:加藤智子
  • 撮影:写真提供:東京ゴルフ専門学校
  • 掲載日:2019年05月13日