杉並区区民ギャラリー

見る側にも展示する側にもなれるギャラリー

杉並区役所2階に開設して以来、10年以上にわたり文化・芸術活動の交流の場として親しまれている区民ギャラリー。管理をする区民生活部文化・交流課文化振興担当者は、「他の区にも区民ギャラリーはありますが、本庁舎内にあるのは23区内でも珍しい。区役所に来た方々が気軽にアートに触れられる良さがあります」と話す。
展示には、「区主催展示」「交流自治体展示」「区民展示」の3種類があり、年間に合計40件ほど催しが開かれている。「区主催展示」では、ポスターやパネル展、行政からのお知らせ・展示などを実施。2016(平成28)年の「ウルトラマンシリーズ放送開始50年 ウルトラマンパネル展in杉並」や、2018(平成30)年の「1964東京オリンピック聖火リレー写真展」など、話題性のある企画も多い。「交流自治体展示」では、「相馬野馬追応援企画 武者絵展」や区と友好関係にある自治体の風景写真展などを開催している。
上記の展示がない期間に、個人や団体のアート活動の発表の場として催されるのが「区民展示」だ。貸出要件(※)を満たせば、区内在住・在勤・在学者なら誰でも応募でき、広いスペースを無料で利用することが可能だ。募集は区公式ホームページの「区からのお知らせ」や、杉並区文化・芸術情報誌「コミュかる」で定期的に行っており、人気があるので毎回抽選になるという。過去には、小学3年生が自分で作った昆虫アートを発表したり、ご年配の方が人生の節目となる展示を行ったこともあった。「展示作品を見て自分もやってみようという気持ちになる方もいらっしゃいます。区民ギャラリーを通して、これからも区民の文化活動が次々とつながっていくことに期待したいですね」と担当者は話してくれた。

※詳しくは公式ホームページ「貸出要件」を参照

▼関連情報
杉並区役所ホームページ>区からのお知らせ(外部リンク)
杉並区役所ホームページ>文化・芸術情報紙「コミュかる」(外部リンク)

DATA

  • 住所:杉並区阿佐谷南1-15-1
  • 電話:03-3312-2111(代表)
  • 最寄駅: 南阿佐ヶ谷(東京メトロ丸ノ内線) 
  • 営業時間:09:00-17:00
  • 休業:第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始
  • 補足:窓口(区民生活部文化・交流課文化振興担当)
  • 公式ホームページ:http://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/bunka/kouryu/1005149.html
  • 取材:西永福丸
  • 撮影:TFF
    写真提供:文化・交流課
  • 掲載日:2019年01月15日

区役所中棟2階にある区民ギャラリー。コの字型をしており、中杉通り側をギャラリーA、青梅街道側をギャラリーBとして貸し出している(写真提供:文化・交流課)

区役所中棟2階にある区民ギャラリー。コの字型をしており、中杉通り側をギャラリーA、青梅街道側をギャラリーBとして貸し出している(写真提供:文化・交流課)

「ウルトラマンパネル展in杉並」は子供たちにも大人気だった

「ウルトラマンパネル展in杉並」は子供たちにも大人気だった

小学生がチャレンジした区民展示「ぼくのこんちゅうのもり」。担任の「思っただけではなく行動しなければいけない」という言葉が、応募のきっかけになったという(写真提供:文化・交流課)

小学生がチャレンジした区民展示「ぼくのこんちゅうのもり」。担任の「思っただけではなく行動しなければいけない」という言葉が、応募のきっかけになったという(写真提供:文化・交流課)

2010(平成22)年と2014(平成26)年に行われた造形作家・内田芳明氏による「アニマルクラフト展」(写真提供:文化・交流課)

2010(平成22)年と2014(平成26)年に行われた造形作家・内田芳明氏による「アニマルクラフト展」(写真提供:文化・交流課)