学校法人アルウィン学園 玉成保育専門学校

多くの実践を通して保育を学ぶ

保育の専門学校と幼稚園、保育園の「三つの育ちの場」を有する玉成(ぎょくせい)保育専門学校。卒業までの2年間で幼稚園教諭二種免許と保育士資格が取得できる。 同じ建物内にある「保育センターこどもの木かげ」(玉成幼稚園・野のはな空のとり保育園)で実践的に保育を学べる「プラクティカルスタディ」は同校独自の制度。前週までに申請をすると、希望の年齢の保育に参加できるシステムで、学生全員が学期ごとに2回以上体験しているという。


樹木や花々が植えられた美しい園庭。日頃から園児たちが元気に遊ぶ姿を目にすることができる(写真提供:玉成保育専門学校)

樹木や花々が植えられた美しい園庭。日頃から園児たちが元気に遊ぶ姿を目にすることができる(写真提供:玉成保育専門学校)

園児たちと触れ合える恵まれた環境

2階フロアに専門学校の講義室と保育園、1階には幼稚園が設置されているので、学生は園児たち(0歳から5歳)の様子を見る機会が多い。「職員室前で教員と学生が話をしていると、ホールに遊びに来た小さな子供たちに会えるんですよ」と高橋校長先生。日々の子供達とのふれあいが保育を志す学生達の一番の励みになっているそうだ。「優しく素直で気持ちの良い学生が多いと思います」と語る校長先生の話からも、ほのぼのとした学生と子供達の光景が目に浮かぶ。そんな学生たちのために学校側も要望を多く取り入れ、トイレにクーラーを設置したり、教室にサーキュレーターを導入するなど、学びやすい環境づくりを心掛けている。

校長先生の授業風景。「保育者は感性を磨く事がとても大切だと思っています」(写真提供:玉成保育専門学校)

校長先生の授業風景。「保育者は感性を磨く事がとても大切だと思っています」(写真提供:玉成保育専門学校)

基本情報

高橋かずみ校長のメッセージ
「今後入学を希望される方は、ぜひ本校を見学して園児たちと共に育つ良さを実感してください。地域の皆様にも、アルウィン祭などのイベントに遊びに来ていただきたいです」

教育の特徴
「学生たちと子供たちが“共に育つ”環境」

主な地域活動
・学生ボランティア活動:「西荻地域区民センターまつり」、西荻南集会所「ちびっこまつり」、今川児童館「今川子ども秋まつり」

イベント情報
オープンキャンパス:2019年3月27日(水)、29日(金)10:00~12:30
学園祭「アルウィン祭」 :例年9月中旬 10:00~
クリスマス礼拝・祝会:例年12月中旬 9:30~

著名な卒業生
吉屋信子(作家)、白鳥英美子(歌手)

学生数(2018年度)
2学年合計約100名

学園の全体行事「点灯のつどい」。学生達は、さまざまなイベントを通して園児たちと共に楽しく学んでいる(写真提供:玉成保育専門学校)

学園の全体行事「点灯のつどい」。学生達は、さまざまなイベントを通して園児たちと共に楽しく学んでいる(写真提供:玉成保育専門学校)

DATA

  • 住所:杉並区松庵1-9-33
  • 電話:03-3332-5973 
  • 最寄駅: 西荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 補足:最寄り駅:三鷹台駅(京王井の頭線)
  • 公式ホームページ:http://gyokusei.jp/
  • 取材:加藤智子
  • 撮影:写真提供:玉成保育専門学校
  • 掲載日:2019年01月21日