BnA HOTEL Koenji

「泊まれるアート」が高円寺に誕生

BnA HOTEL Koenji(ビーエヌエー ホテル コウエンジ)の共同代表の一人、大黒健嗣(だいこくけんじ)さんは、高円寺でギャラリーを運営しながら作家とのネットワークを築いてきた。そして2016(平成28)年3月、新たな試みとしてビルをリノベーションし「泊まれるアート」を誕生させた。「日本のアートに関心を持つ海外からの旅行者に高円寺に来てもらい、体験し、作家と交流をしてもらうのが目的だ。」と大黒さんは言う。
ビルの2階と3階に、宿泊可能なアートルームを1部屋ずつ配置。高円寺をベースに活動している2人のアーティストが、それぞれ部屋全体を1つの作品と捉えて制作している。壁面のペインティングからカーテンやカーペット、さらには照明器具やテーブルにいたるまでトータルにデザインした。宿泊料の一部は制作者に還元されるため、作家支援にもなっているのが特徴だ。また、1階にはホテルのフロント機能をもったバーがあり、宿泊客を含めた交流の場として機能している。
大黒さんは、「まずは2部屋でスタートしたが、高円寺中にあるさまざまなビルを活用して、3年ぐらいで30部屋前後に拡大し、高円寺全体を1つのホテルのようにしたい。小さいけれどアートを軸にした経済圏を高円寺でつくりたい。」と話す。今後は高円寺にミュージアムショップを作り、その次は近所の飲み屋やレストラン、銭湯などとも協業していく計画があるそうだ。

DATA

  • 住所:杉並区高円寺北2-4-7
  • 最寄駅: 高円寺(JR中央線/総武線) 
  • 休業:年中無休
  • 公式ホームページ:http://www.bna-hotel.com
  • 取材:矢島進二
  • 撮影:写真提供:BnA HOTEL
  • 掲載日:2016年09月12日

「Ten」と名付けらた3階の部屋。アーティストはRyuichi Ogino (

「Ten」と名付けらた3階の部屋。アーティストはRyuichi Ogino ("Ogi")

「Into the foreign」と名付けられた2階の部屋。アーティストは高橋洋平

「Into the foreign」と名付けられた2階の部屋。アーティストは高橋洋平

1階は交流スペースでもあるフロント&バー

1階は交流スペースでもあるフロント&バー

4人の共同代表、右から2人目が大黒健嗣氏

4人の共同代表、右から2人目が大黒健嗣氏