TAV GALLERY

新しいアートを体感できるギャラリー

阿佐ケ谷駅北口から徒歩5分ほど、中杉通りを進んで右手にあるTAV GALLERY(タブギャラリー)は、常に新しいアートを紹介しているギャラリーである。
ディレクターの栄祐氏は、コンテンポラリーアート(現代アート)を中心に幅広い展示を行なっている。特に作品をつくる上でのコンセプトや技法が新しいものや面白いものに注目しているそうだ。また、タブギャラリーの特徴の1つとして、フリーランスのキュレーター(※)が何人も所属し、企画・展示・プロモーションをしていることが挙げられる。そのため飽きることのない新鮮で魅力的なギャラリー構成が可能なのである。
店名の「タブ」には結節点という意味がある。そこには「1つの世代にこだわらず、さまざまな文化層を交じりあわせて繋げ、いろいろな流れを作り発信していく場所」という店のコンセプトが込められている。例えば、絵画と立体、映像、ファッション、サブカルチャーなどの発信のほかに、塩200キロを床に敷くような規模が大きく難しい展示も試みている。また、ブックコーナーも設け、評論やマニアックな絵画関係の本を多数販売している
2014(平成26)年6月のオープン以来、最新鋭のアートを展示しているタブギャラリー。東京で起こるアートの流れを気軽に体感できるだろう。

※キュレーター:アートに造詣があり、展覧会を企画して実行する総合的な仕事を行なう職業

DATA

  • 住所:杉並区阿佐谷北1-31-2
  • 電話:03-3330-6881
  • 最寄駅: 阿佐ケ谷(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:11:00-20:00
  • 休業:木曜
  • 公式ホームページ:http://tavgallery.com
  • 取材:宮地淑江
  • 撮影:写真提供:タブギャラリー
  • 掲載日:2015年10月26日

絵画と映像を組み合わせた複合的な展示

絵画と映像を組み合わせた複合的な展示

シンプルな展示空間

シンプルな展示空間

照明を工夫した作品展示も可能で、幅広い現代アートが楽しめる

照明を工夫した作品展示も可能で、幅広い現代アートが楽しめる