永福稲荷神社

永久に幸福な神社で白い鳩を見れば良い日に

地名に永福が付く地域に氏子を持つ永福稲荷神社(えいふくいなりじんじゃ)は、隣にあり地名の由来でもある永福寺境内の鎮守として1530年に創建された。京都の伏見稲荷大社の分霊で「お稲荷さん」として広く信仰されている穀物の女神、宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)を祀(まつ)っている。明治に入って神仏分離のため、境内600坪が永福寺より分離された。稲荷神社は稲、穀物から転じて、生活の力になる神として、家内安全、商売繁盛、交通安全と幅広い御神徳があるといわれる。
1月のどんど焼きは、杉並消防団第1分団が見守る中で行われる。2月の節分祭では毎年、永福小学校や都立大塚ろう学校永福分教室の児童が豆をまく。
近年は「永福」という幸せな名前にひかれて参拝に来る人が多い。遠く九州から初詣に来る家族や、「中国では永福という言葉が大変縁起が良い」と、中国から何度も訪れる方など。結納の後にお参りに来るカップルもいるそうだ。
現在(2015年7月)境内に来る鳩の中に1羽だけ白い鳩がいる。いつの間にか「幸せの鳩」として噂になり、地元の方々は「今日は白い鳩を見たから良い日だ。」と言うようになった。

御祭神
宇迦之御魂命

主な行事 ※日付は毎年固定
1月1日 元旦祭
  14日 どんど焼き
2月3日 節分祭
  初午 初午祭(はつうまさい)
  19日 祈年祭
6月30日 大祓式(おおはらいしき)、茅の輪潜り(ちのわくぐり)
9月23日 宮神輿
  24日 例大祭
11月25日 新穀感謝祭(しんこくかんしゃさい) 
12月30日 大祓式、茅の輪潜り

1866年建立の鳥居は、平成27(2015)年にお色直しされた

1866年建立の鳥居は、平成27(2015)年にお色直しされた

氏子の方を向いて、西向きに建つ本殿

氏子の方を向いて、西向きに建つ本殿

勾玉から優しい音色がする「清らか鈴守」(左)<br>名前がおめでたい「永福守」(中)<br>御朱印(右)

勾玉から優しい音色がする「清らか鈴守」(左)
名前がおめでたい「永福守」(中)
御朱印(右)

幸せの白い鳩に出会えるかも!?

幸せの白い鳩に出会えるかも!?

2019年秋の例大祭

9月23日(月)、24日(火)
23日 13時 神輿
   19時 民謡踊り・フラダンス
24日 18時 カラオケ大会

DATA

  • 住所:杉並区永福1-24-6
  • 電話:03-3321-3848
  • FAX:03-3321-3848
  • 最寄駅: 永福町(京王井の頭線) 
  • 取材:おおつちさとべえ
  • 撮影:おおつちさとべえ
  • 掲載日:2015年07月27日
  • 情報更新日:2019年08月26日