阿佐ヶ谷神明宮

阿佐谷の森で深呼吸、地域の人々の憩いの場

阿佐ケ谷駅北口から徒歩2分ほどの所にある、旧阿佐谷村の鎮守、阿佐ヶ谷神明宮(あさがやしんめいぐう)。1800年刊行の『江戸名所図絵』によると、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の帰途、阿佐谷の地で休息し、後に尊の武功を慕った村人が旧社地(お伊勢の森と称した現阿佐谷北5-35周辺)に一社を設けたのが始まりと伝えられている。建久年間(1190-1198)には土豪横井兵部(一説には横川兵部)が伊勢神宮に参拝した折、神の霊示を受け、宮川の霊石を持ち帰り神明宮に安置したと伝えられ、この霊石は今も御神体として本殿に安置されている。
全国でも珍しい「八難除祈祷」を行なっており、江戸時代から庶民の信仰もあつい。八難除とは厄除、八方除など現世にあまたある災難厄事全てを取り除くというもので、かつては内藤新宿(※1)の遊女たちも参拝に訪れたという。
2009(平成21)年、一年をかけた平成の大改修が終わり、神明造り(※2)の御殿・神門、新しい祈祷殿、能楽殿などが誕生。約3,000坪の境内にはシイ、カシ、クス、ケヤキ、イチョウなどの巨木も多く、天気の良い日には、のんびりくつろぐ参拝客も多い。「風通しのよい空間ですので、ごゆっくり御参拝下さい。」と、権禰宜(※3)の安達政仁さんは語る。
春の「観桜会」、秋の「観月祭」では、能楽殿で巫女の舞が奉納され、観覧者には酒が振る舞われる。また、骨董市の開催や「阿佐谷ジャズストリート」の会場になるなど、地域の人々のコミュニケーションの場としても広く親しまれている。
2013(平成25)年に行われた20年に一度の伊勢神宮の式年遷宮。この建て替えに伴い、伊勢神宮別宮の鳥居と灯籠一対が当社に下賜されることになった。杉並区では初めてのことで、2015年9月6日に「お木曳き(※4)」が行われる。

※1 内藤新宿:江戸時代、甲州街道の最初の宿。現在の新宿1-3丁目辺り
※2 神明造り:神社本殿形式の1つ。伊勢神宮正殿の形式
※3 権禰宜(ごんねぎ):神職の1つ。禰宜の下位にあたる一般的な職階
※4 お木曳き(おきひき):式年遷宮で用材を神域内に曳き入れる行事。これにちなみ、今回は鳥居の部材を神社まで曳いていく

御祭神
天照大御神(あまてらすおおみかみ)

主な行事 ※日付は毎年固定
1月1日    元旦祭
2月17日    祈年祭
5月5日    春祭
6月28日    夏越大祓(おおはらい)
9月12~13日  例大祭
10月十三夜   観月祭
11月23日    新嘗祭(にいなめさい)
12月28日    年越大祓
毎月1日・15日 月次祭
毎月第1土曜  我楽多市(青空骨董市)

大鳥居

大鳥居

緑あふれる境内

緑あふれる境内

観桜会で奉納される巫女の舞<br>(写真提供:阿佐ヶ谷神明宮)

観桜会で奉納される巫女の舞
(写真提供:阿佐ヶ谷神明宮)

人気のお守り「神(かん)むすび」。手首に付けたりストラップにも。春の桜、初夏の紫陽花など期間限定品も<br>御朱印帖(左下)<br>御朱印(右下)

人気のお守り「神(かん)むすび」。手首に付けたりストラップにも。春の桜、初夏の紫陽花など期間限定品も
御朱印帖(左下)
御朱印(右下)

2019年秋の例大祭

9月7日(土)、8日(日)
7日 17時半 宵宮祭
   18時45分 バリ舞踊
8日 11時 当日祭
   13時 みこし合同パレード(阿佐ケ谷駅から神社正面まで)
   21時 縁起餅まき
両日とも
10時~随時 阿佐ヶ谷囃子
その他、各種奉納演芸が催される。詳細はHPでご確認ください

DATA

  • 住所:杉並区阿佐谷北1-25-5
  • 電話:03-3330-4824
  • FAX:03-3310-9007
  • 最寄駅: 阿佐ケ谷(JR中央線/総武線) 
  • 公式ホームページ:http://shinmeiguu.com/
  • 出典・参考文献:

    『広辞苑』(岩波書店)

  • 取材:坂田
  • 撮影:坂田 写真提供:阿佐谷神明宮
  • 掲載日:2015年08月10日
  • 情報更新日:2019年08月26日