天沼八幡神社

いつの時代も氏子の五穀豊穣を祈り続ける地元の八幡様

旧天沼村の西南地区を氏子とする天沼八幡神社(あまぬまはちまんじんじゃ)は、荻窪駅から北に徒歩6分ほどのところにある。阿佐谷南の荻窪寄りから天沼、上荻あたりの鎮守だ。「どこに住まわれていても地域を守る神様、鎮守があります。御自身の鎮守を大切になさることが、第一だと思います。もし、縁日などで当社においでになることがあれば、お参りもしてくださいね。」と話す宮司の鶴岡隆志さんは、剣道七段。近所の中学校で指導もしている。また、司法保護司という公的なボランティアもする奉仕精神にあふれた神職だ。
天沼八幡神社は、戦国時代の天正年間(1573-1591)の創建とされる。1907(明治40)年に四面道にあった弁天社を合祀し、御祭神が二柱となった。2016(平成28)年には創建四百三十年祭が行われる。
社殿の右手にある境内末社の1社に大鳥神社(おおとりじんじゃ)がある。御祭神は、商売繁盛や家運隆昌(かうんりゅうしょう)の神である日本武尊(やまとたけるのみこと)。11月の酉(とり)の日には「酉の市」が立ち、縁起熊手などの露天が並び、開運熊手守や福升を授けてもらう人で賑わう。
境内の緑は樹木医の診断を受け、将来を見据えた手入れを施している。年2回の大祓(※)に用いる竹は地元天沼産。境内には杉並区の保護樹木も30本ほどあり、「鎮守の杜(もり)」は都会のオアシスとしての役割りも担っている。

※大祓(おおはらい):穢(けが)れを祓い、身を清める神事。茅(かや)で作られた輪をくぐる「茅の輪(ちのわ)くぐり」が行なわれる。

御祭神
応神天皇(おうじんてんのう)
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

主な行事 ※日付は毎年固定
1月1日  鳴弦の儀(めいげんのぎ)
  3日  元始祭(げんしさい)
2月3日  節分追儺式(せつぶんついなしき)
  午の日 初午祭(はつうまさい)
6月30日  夏越の大祓(なごしのおおはらい)
8月25日  宵宮祭(よいみやさい)
8月26日  例大祭
11月15日  七五三
  酉の日 酉の市
12月31日  年越の大祓(としこしのおおはらい)
毎月1日  月次祭(つきなみさい) ※1月を除く。10時執行。どなたでも昇殿可

美しい緑を保つため、風通しを良くする剪定が行われている

美しい緑を保つため、風通しを良くする剪定が行われている

茅の輪の両側に地元天沼産の竹が使われている

茅の輪の両側に地元天沼産の竹が使われている

例大祭の宮神輿巡幸

例大祭の宮神輿巡幸

大鳥神社の酉の市。2015(平成27)年は11月5、17、29日に開催

大鳥神社の酉の市。2015(平成27)年は11月5、17、29日に開催

お正月の催し物(2019年12月-2020年1月版)

元日の0時に、魔を払うため四方に向かって弓をかまえ、弦を鳴らす「鳴弦の儀(めいげんのぎ)」が執り行われる。平安朝から宮中で行われていた古式ゆかしい行事で、現在「鳴弦の儀」を行う神社は少なくなっているという。

DATA

  • 住所:杉並区天沼2-18-5
  • 電話:03-3398-2514
  • FAX:03-3398-2555
  • 最寄駅: 荻窪(東京メトロ丸ノ内線)  荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 公式ホームページ:https://amanumahachiman.jp/
  • 取材:おおつちさとべえ
  • 撮影:おおつちさとべえ、写真提供:天沼八幡神社
  • 掲載日:2015年07月21日
  • 情報更新日:2019年08月09日