ダイサギ

白鷺の仲間で一番大きい

コサギ、チュウサギ、ダイサギを総称して白鷺と言う。全長90センチのダイサギが一番大きい。主に小魚をエサとしており、善福寺公園や善福寺川では一年中生息している。普段見かけるダイサギのくちばしは黄色だが、繁殖期の一時期にくちばしが黒色に変化する。また、みの状の飾り羽が目立つ。善福寺公園では4月~5月にかけて繁殖羽のダイサギを見かける。

DATA

  • 取材:西村眞一
  • 掲載日:2014年11月17日

ダイサギ

ダイサギ