龍光寺

除夜の鐘をつくことができる寺
区内最大の梵鐘

龍光寺(りゅうこうじ)の梵鐘は区内最大。戦時中の金属類回収令(*)で供出したため、昭和29(1954)年に口径四尺二寸(127cm)、重量四〇四貫(1,515kg)の梵鐘を再鋳。全国の有名寺院百か寺の梵鐘をつき歩き、それを参考にして京都太秦の鋳物師に作らせたそう。天女と龍の図柄も素晴らしいけれど、負けず劣らず音色も美しい。ちなみに、一般的に2分程度である余韻が、ここ龍光寺では3分もあるとのこと。

(*)金属類回収令とは金属供出ともいわれ、戦争中に鉄・銅製品を家庭や工場から回収して軍事生産に回されたことを示す。昭和17(1942)年には回収令による強制譲渡命令を出して寺院の仏具・鐘楼まで供出することになった。

鐘つき参加方法(2018年12月-2019年1月版)

大晦日の23時30分より受付開始。年明け0時よりつき始める。毎年300人から400人近くが集まるため、108という数にはこだわらず1時30分頃まで、なるべく多くの人がつけるようにしている。「行列することもあるので、なるべく早めにお越しください」とのこと。

DATA

  • 住所:杉並区和泉3-8-39
  • 最寄駅: 永福町(京王井の頭線) 
  • 掲載日:2008年01月01日

関連記事

1911(明治44)年建立の二の鳥居は角柱を使っている珍しい形

掲載日:2015年07月21日

和泉熊野神社

(永福町駅)

くわしく>>