阿佐谷の「マンガ肉」

インパクトフードのさきがけ「あの肉」「その肉」とは

「エベレスト盛り」など見た目やネーミングのインパクトで話題をさらうメニューがある。阿佐ヶ谷にもかつて、そんな斬新さとおいしさで注目を集めたユニークな商品があった。マンガやアニメに登場する原始人がかぶりつく、通称「マンガ肉」と呼ばれる大きな骨付き肉をイメージした商品である。今回は阿佐ヶ谷のプロ達に、新しい「マンガ肉」作りに挑戦してもらった。

阿佐谷パールセンター商店街にあった「吉澤精肉店・吉澤ミート」。1929年創業の老舗精肉店で、1998年頃(主人記憶による)から売り出した「あの肉」と「その肉」が大きな注目を集めた。
まるで原始人が食べていたような肉の塊をイメージした商品は、最近でも「ギャートルズの肉(2013年・ファミリーマートグループ)」「ギャートルズのお肉 (2014年・米久株式会社)」などが販売されて話題となった。その先駆けとも言える「あの肉」「その肉」は、販売開始以来どちらも予約待ちが出るほど大人気だったという。この商品は、ご主人が少年時代「ロビンフットの冒険」などの映画を観たときに、巨人や原始人がおいしそうに肉をむさぼるシーンで「あの肉うまそうだなあー」と憧れたのを形にしたもの。他にも吉澤精肉店には、ト音記号形ウィンナー、マンモスの輪切りなど、ネーミングにご主人のセンスが光る商品がたくさんあった。
※吉澤精肉店は2009年頃に閉店。このコラムは、営業中の店を取材した2009年の記事をもとに編集。

新しい「マンガ肉」を誕生させる

この復活プロジェクトでは、「あの肉」「その肉」をヒントに、新しい阿佐ヶ谷名物となる「マンガ肉」の製作に挑戦する。
開発にあたって課題が2つあった。まずは使用する骨パーツをどう入手するか。「あの肉」は本物の骨を使っていたが、それでは精肉店など特定の店でしか作れない。つぎに商品のサイズ。大きな肉の塊を再現すると価格が一本3000円程度になり、気軽に購入するのが難しくなる。そこで、骨は自作し、肉のサイズも小さく食べやすくすることに決定した。その結果生まれたのが、陶器製の骨にミンチ肉を巻くというアイデアである。
この提案を持ち込むと、阿佐ヶ谷の陶芸教室「益子陶芸サロン」の高木さんが耐直火粘土での骨作りを、阿佐谷の川端振興会(商店街)の居酒屋「かきんちゅ」の小滝さんがミンチ部分の料理を、それぞれ快く引き受けてくれた。

左:「かきんちゅ」の小滝さん 右:「益子陶芸サロン」の高木さん

左:「かきんちゅ」の小滝さん 右:「益子陶芸サロン」の高木さん

骨の工夫と肉のこだわり

●骨の大きさと形状
丸い団子のようなミンチ肉を骨に巻くとなると、中央部だけ火の通りが悪く、外側と中側の食感に大きな差がでてしまうかもしれない。そこで骨の中央部に膨らみをもたせ、ミンチが均等に巻けるように工夫した。また、扱いやすさや価格への影響を考えながら骨の大きさも熟考。約15センチの長さ、直径15ミリ程度のサイズに決まった。

●味や食感にこだわる肉部分
ミンチとバラ肉を使って、見た目だけでなく味も満足できる肉作りを目指す。かぶりついた時の歯ごたえを意識して、肉の内部は2種類のミンチをミックス。その外側をバラ肉でくるみ、40分ほど燻製にした。バランスを保ちながら何回か挑戦し、ようやく黄金比が完成。まだ若く「あの肉」「その肉」を実際に食べた経験のない小滝さんにとって、新しい「マンガ肉」を生み出す作業は手探りに近いものであった。

新名物「あさがや原人の肉」を食べる

こうして誕生したのが、新名物「あさがや原人の肉」。街のプロがそれぞれに工夫し、試行錯誤の末にたどり着いた商品である。食べる直前にこんがりと焼くことで、照りと香りに深みを出すのが特徴。かぶりつくと、パリパリに焼けたバラ肉の皮と、スパイシーでしっとりとしたソーセージ生地のうまさを一度に楽しめる。サイズも手頃で、子供でも片手で持ってパクパク食べられる大きさだ。価格は960円(税別)を予定し、現在、川端振興会を中心とした阿佐ヶ谷の飲食店で味わえるよう計画中である。販売が決まったら続報をお届けしたい。

新名物「あさがや原人の肉」は、毎週金・土・日曜日に、阿佐谷の川端振興会(商店街)の居酒屋「かきんちゅ」で提供中。価格は1180円(税込)。テイクアウト可。数に限りがあるのでご注意を。

DATA

  • 取材:小泉ステファニー
  • 撮影:TFF
  • 掲載日:2014年06月09日