区立下高井戸おおぞら公園

防災機能を備え、災害時には地域住民の助けになる

神田川沿い、神田橋近くの旧東京電力総合グラウンド跡地に、防災設備を備え近隣住民の避難場所となる公園が、2017(平成29)年に開園した。園内には小高く盛り上がった「憩いのはらっぱ」が広がっており、災害時にはヘリポートとして利用される。また、かまどの役目を果たす「かまどベンチ」のほか、園の北側には簡易トイレとして使えるマンホールトイレも災害時用に設置されている。
園の南側には、ガラス張り2階建ての管理棟が立つ。1階は管理事務所と備蓄倉庫で、非常用品などが備蓄されている。2階は休憩室になっており、窓から広い公園を一望できる。室内は木を生かした落ち着いた造りで、テーブル席や幼児が靴を脱いで遊べるマットスペースもある。広々としてとても居心地の良い空間だ。多目的トイレやエレベーターもあり、ベビーカーや車いすの方も利用できる。

春にはシロツメクサがたくさん咲く、広々した芝生の「憩いのはらっぱ 」

春にはシロツメクサがたくさん咲く、広々した芝生の「憩いのはらっぱ 」

清潔感のある管理棟2階。 乳幼児がマットに寝転がって遊べる

清潔感のある管理棟2階。 乳幼児がマットに寝転がって遊べる

水景プールが人気の多世代で楽しめる公園

平日の公園は、午前中から午後3時頃までは幼児連れの母親たち、それ以降は学校から帰宅した児童が集い、格好の遊び場となっている。公園管理者は、「遊具の中で一番人気は “葉”の形をした水景プール」と話す。深さが十数センチなので、乳幼児でも水遊びができるそうだ。一年中、午前10時から午後4時まで利用可能で、浄化装置などで水質管理されているので安心だ。 また、ロープやネットを張った大型遊具は、ネットで跳ねたり、上からジャンプしたり、小学生に人気でとても楽しそうに遊んでいるそうだ。 青く塗られた地面部分はクッションになっており、色の濃淡で硬さが異なる。フワフワの歩き心地は、大人にも楽しい。傍らには健康増進エリアがあり、器具の数は少ないが大人の健康維持に役立ちそうだ。
週末には、簡易テントを持った家族連れが「憩いのはらっぱ」でピクニックをしている姿も多い。スポーツ好きなら、神田川沿いからジョギングで周回し、健康器具を使って筋力アップ、疲れたら管理棟で休憩をとるという利用法もおすすめだ。

一番人気の水景プール。 暑い季節は親子連れで大にぎわい

一番人気の水景プール。 暑い季節は親子連れで大にぎわい

カラフルなネット遊具は、忍者のようにネットを伝ってジャンプしたり、柔らかい床の上に飛び降りたり、遊びが広がる

カラフルなネット遊具は、忍者のようにネットを伝ってジャンプしたり、柔らかい床の上に飛び降りたり、遊びが広がる

利用者便利情報(取材時現在)

広さ:30416.55㎡
駐車場:なし
駐輪場:あり
ベンチ:あり
水遊び場:あり
ボール遊び場:なし
犬連れ:可
トイレ:あり
だれでもトイレ:あり
売店:なし
飲料自販機:あり
管理事務所:あり
防災設備:消火器、災害備蓄倉庫、自動火災報知装置、誘導灯、非常照明、マンホールトイレ、防火水槽、かまどベンチ、防災井戸、非常用発電設備、防災電光掲示板、防災交流テラス、地下貯留水槽、災害時用ヘリポート

「かまどベンチ」の使い方を説明する公園管理者。近隣住民の避難場所を管理しているという責任感が感じられる

「かまどベンチ」の使い方を説明する公園管理者。近隣住民の避難場所を管理しているという責任感が感じられる

DATA

  • 住所:杉並区下高井戸2-28-23
  • 電話:03-3321-5022
  • FAX:03-3321-5022
  • 最寄駅: 永福町(京王井の頭線)  西永福(京王井の頭線) 
  • 補足:管理事務所開館時間:9:00-17:00
    桜上水駅(京王線)徒歩約8分
  • 公式ホームページ:http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/kouen/03/shimotakaido/1032193.html
  • 取材:よっちゃん(区民ライター講座実習記事)
  • 撮影:よっちゃん
  • 掲載日:2017年09月11日