産業・商業の画像

産業・商業 Industry

時代の流れで稀少となった伝統的な技能がある。染色、和裁など杉並区内でも珍しくなった職も少なくはない。後世に残していきたい伝統的な職業について、現在おかれている状況や、職に励む人々の姿などを取材した。

▼記事一覧

象牙を使った作品「思いは一緒」(写真提供:黒岩明さん)

掲載日:2016年02月22日

根付師

江戸時代から続く伝統工芸

江戸の町民文化から生まれ、現在も世界中にコレクターがいる根付。下井草に住む作家を訪問した

くわしく>>

瓦せんべいになみすけのイラストの焼印を入れている様子

掲載日:2015年07月27日

瓦せんべい屋

ほのかな甘さが懐かしい、瓦型の「和製クッキー」

荻窪の瓦せんべい専門店・喜久知屋の2代目店主に、職人の技を見せてもらった

くわしく>>

掲載日:2014年03月03日

和裁士

和服の魅力を伝える

阿佐谷で活躍、貴重な若い和裁士が語る

くわしく>>

掲載日:2013年10月28日

豆腐屋

庶民に愛される伝統食

自然食品として大人気の豆腐は、需要が増えている一方で町の豆腐店は減っている。杉並区でも後継者がいない等の理由で廃業する店が相次いでいる。

くわしく>>

掲載日:2009年11月19日

石屋

建築様式の変遷を見守った

石屋の仕事は、古代の墳墓造営にはじまり、長い歴史を誇っている。

くわしく>>

掲載日:2009年11月19日

悉皆屋・洗い張り

今では貴重な存在となった悉皆屋と洗い張りとは・・・

悉(ことごとく)、皆(みな)という漢字が表すとおり、着物に関する総合窓口が悉皆屋なのである。

くわしく>>

掲載日:2009年08月27日

炭屋

人々の生活をささえた炭

荻窪の炭屋の草分けとして、灯油のみならず、現在も炭にこだわりつづける、久我屋商店二代目、湯澤進さんに、炭屋商売についてうかがった。

くわしく>>