ヤゴ救出大作戦

環境学習の一環としてスタート

ヤゴ救出とは、都市部の学校プールに産卵し繁殖したヤゴをプール開き前の清掃で流されてしまう前に救出し、環境学習の教材にしようとする活動だ。東京都では2000年頃より環境学習リーダー向けの講習が行われている。

慶応義塾幼稚舎の清水研助先生が呼びかけて行っているヤゴ救出ネットは2000(平成12)年4月から始まり、ヤゴの識別を大まかに4種類で分類する方法を提唱しマスコミ等で取り上げられ注目を集めた。HP内にはヤゴ観察のための分類方法が詳しく紹介されている。

▼関連情報
慶応義塾幼稚舎理科室HP(外部リンク)

子供たちの手で紡ぎ上げられたヤゴデータ

今日でこそ多くの自治体が実践しているヤゴ救出活動だが、杉並区の取り組み開始は2000(平成12)年にまで遡る。当時の参加校は全国でもわずか数十校に過ぎず、東京都環境学習リーダーの境原達也氏から区側への発案が礎となった。
2002(平成14)年、区環境課の提唱により環境団体「すぎなみ環境カエルくらぶ」が発足。区内小中学校へヤゴ救出活動への参加を呼びかけたところ、2004(平成16)年度には計36校(区内の小・中学校総数の55%に相当)が何らかの形で参加した。以降も現在に至るまで毎年20数校で実施されている。
「すぎなみ環境カエルくらぶ」は2009(平成21)年に解散したが、『ヤゴ救出大作戦マニュアル』の作成など後々の活動に有益な成果を残した。活動を引き継いだ、NPO法人すぎなみ環境ネットワークがタモ網等の用具を参加校に配したところ、各校が独自に活動できるようになり、ヤゴフロート(※)を設置するなど工夫を凝らす学校も増加。2014(平成26)年度のフロート設置校は11校に及んでいる。
境原氏はこのヤゴ救出活動について、「活動を通じヤゴという生物を知ることで、ヤゴが生存できる環境や生態系に関心を持って欲しい。それが環境への愛に繋がり、ひいては環境保全活動に子供たちが参加するようになることを願う。」と語る。
長きにわたり、杉並区の子供たちの手で積み上げられてきたデータは、全国的に見ても貴重なものである。このうち2003年度~2014年度のデータについては、すぎなみ環境ネットワークのホームページ上から閲覧可能。救出されたヤゴの分類結果のほか、周囲の環境や他の生物に関する統計結果も公開されている。『ヤゴ救出大作戦マニュアル』共々、詳細についての問い合わせは同法人まで。

※ヤゴフロート(いかだ):産卵場所を求めて飛来するトンボを誘導するための仕掛け。仕掛けの上に笹の枝葉や落ち葉を乗せて、水辺の植物に卵を産み付けるタイプのトンボを誘導する。

▼問い合わせ
NPO法人すぎなみ環境ネットワーク
住所:杉並区高井戸東3-7-4
電話:03-5941-8701
公式ホームページ http://www.ecosuginet.jp/eco/03sizen_2.html#p01/

杉並第七小学校の活動風景

杉並第七小学校の活動風景

次の学年のために代々引き継がれるヤゴフロート製作

次の学年のために代々引き継がれるヤゴフロート製作

関係者を対象に毎年開催されるヤゴ救出講座

関係者を対象に毎年開催されるヤゴ救出講座

ワークシートやフォーマット等、充実した一冊

ワークシートやフォーマット等、充実した一冊

2014年度 杉並第七小学校での実践

2014年6月5日(木)、ときおり小雨がぱらつく中、杉並第七小学校の3年生2クラスの児童たちによってヤゴ救出活動が行われた。

授業にはゲスト講師としてNPO法人すぎなみ環境ネットワークの方々も参加。挨拶と作業説明のあと、1クラスごと交代でプールに入ることになった。プールの水は安全を考慮して水深20センチほどに減らしてあるが、落ち葉や泥で濁っており、子供たちは入るのに勇気がいる様子。この積もった落ち葉を専用の網ですくって、中にいるヤゴたちを探すのだ。水底をさらいやすいように上部が平になっている網を持ち、滑らないようにすり足で落ち葉を集めていく児童たち。水を含んで重たくなっている葉をがんばってすくい上げ、プールサイドに乗せてみると・・・、いたいた!2センチほどのアカネ系のヤゴが、葉をめくるたびにセカセカと現われる。「うわぁ、いっぱい!」「早く捕まえなきゃ!」あちこちから子供たちの嬉しそうな声が挙がった。

プールに入っていないほうのクラスとお手伝いの保護者は、ヤゴの数の集計を担当。バケツに集められたヤゴを小皿で10匹ずつに分け、種類ごとに数えていく。集計したヤゴは水槽に移すのだが、どんどん数が増えていき「共食いしないかな」と子供たちから心配の声が出るほどであった。
この日、杉七小で見つかったヤゴはほとんどがアカネ系で、その数は約2860匹にものぼった。「小雨のため短時間で行ったにしてはかなりの数です。プールにいた半分くらいを救えたのではないでしょうか。」とゲスト講師の方々も笑顔を見せる。その他の救出結果は、シオカラトンボのヤゴ2匹、カゲロウ2匹、アメンボとユスリカが少々。ヤゴのエサになるアカムシも少ないながらも見つかった。
学校・地域コーディネーターの長澤さんによると、ヤンマ系のヤゴを呼ぶにはプールに仕掛けいかだを設置する必要があるそうだ。「アカネ系は水中に産卵しますが、ヤンマ系は木の葉に卵を産みます。仕掛けいかだを浮かべる学校ではヤンマ系が多く見つかります。アカネ系のヤゴが大きなヤンマ系に食べられてしまうからです。5月30日にヤゴ救出を行った杉並第九小学校では、ヤンマのヤゴ約460匹、アカネ系約240匹、シオカラ約100匹という集計結果でした。」
救出したヤゴは、学校の教室や児童たちの自宅で羽化まで大切に育てられる。今年の夏、杉並の空を舞うトンボは、児童たちが救ったヤゴの成長した姿かもしれない。

専用の網でプールの底をさらってヤゴを見つける

専用の網でプールの底をさらってヤゴを見つける

ヤゴを種別ごとに集計

ヤゴを種別ごとに集計

2008年度 高井戸第三小学校での実践(1)

2008年6月14日(土)晴天の下、土曜学校「フェスたかさん」の時間にヤゴ救出大作戦が実施された。お父さんも童心に返って楽しくヤゴを救出した。
高井戸第三小学校では父兄を中心とした「フェス高三小実行委員会」が運営する土曜学校の時間にヤゴ救出大作戦が行われた。まずは紙芝居でヤゴ救出大作戦の意義や実践方法を勉強した。

プールは屋上にある。水が深いと作業がやりにくいので、事前にひざの高さまで排水した。屋上プールはヤゴのエサとなる虫をはぐくむ落ち葉が足りないので、前年秋に落ち葉を人の手によって投入してある。これを餌にプランクトンや小生物が発生し、ヤゴがそれを食べると言う食物連鎖が生じている。

写真A
左:プールの南側には木が生い茂っているが、そのちょっと先には首都高速道路が走っている。
右:プールの東側には新宿の高層ビル群を望む事が出来る。都心に程近い住宅地にいったいどれだけのヤゴが見つかるのか。

写真B
左:早く成長したヤゴが水から上がって羽化できるように枝などのはしごを設置しておいた。枝やプールサイドにはヤゴの抜け殻が落ちていた。
右:ヤンマの抜け殻。

事前説明

事前説明

いよいよプールへ

いよいよプールへ

写真A

写真A

写真B

写真B

2008年度 高井戸第三小学校での実践(2)

写真C
左:一人ずつ慎重にプールに下りる。プールの底は滑りやすいので運動靴履きで入る。
中:みんなで一列に並んで慎重に網を動かして行く。底をさらう様に落ち葉ごとプールサイドにすくい上げる。
右:すくい上げた落ち葉の中にヤゴがいないか丁寧に探す。

写真D
左:脱皮したばかりのヤゴは淡い色をしている。
中:見つけたヤゴは種類ごとに分けて容器に入れる。
右:種類分けしたヤゴは10頭ごとに大きな容器に移し、正の字でカウントしていく。

写真E
左:使った道具はきれいに片付け。
中:ヤゴを救ったあとの落ち葉は袋に集める。これは校内でたい肥の材料となる。
右:教室に戻りヤゴの集計をした。最終的にアカトンボ型913頭。シオカラトンボ型318頭。ヤンマ型469頭。イトトンボ4頭。他にアメンボが少し見つかった。

写真C

写真C

写真D

写真D

写真E

写真E

DATA

  • 取材:山中悠、藤山三波、小泉ステファニー
  • 撮影:山中悠、藤山三波、TFF
  • 掲載日:2009年05月02日
  • 再取材日:2014年12月09日