らぁ麺 いしばし

スタイリッシュな皿に盛られた「鶏白湯つけ麺」。レモンやゆず胡椒で味の変化を楽しめる

スタイリッシュな皿に盛られた「鶏白湯つけ麺」。レモンやゆず胡椒で味の変化を楽しめる

女性や、いろいろな世代に食べてもらいたい

2019(平成31)年1月、阿佐谷パールセンターに開店したらぁ麺 いしばし。白い壁にナチュラルなウッディカウンターというおしゃれな造りで、全面オープン式の厨房には清潔感がある。「いつもお客さんに見られている、という緊張感がいいんです」と語る店主の石毛徹也さんは、コックとして四川料理、北京料理を中心に30年の経験を積んだベテランだ。コック時代からラーメンの食べ歩きをするうちに、「ラーメンを敬遠しがちな女性や、いろいろな世代にも食べてもらえるラーメンを提供する店を作りたい」と考えるようになったという。

味玉塩らぁ麺/890円/麺140g。阿波手摘みたまご(※1)をクチナシで真っ黄色に色付けした味玉入り

味玉塩らぁ麺/890円/麺140g。阿波手摘みたまご(※1)をクチナシで真っ黄色に色付けした味玉入り

店主の石毛徹也さん。カウンター席から、清潔で開放的な厨房がよく見える

店主の石毛徹也さん。カウンター席から、清潔で開放的な厨房がよく見える

こだわりの塩、鶏、麺

石毛さんがたどり着いたのは、国内外から選んだ3種の塩を生かしたスープに、鶏チャーシューをあしらった「塩らぁ麺」(790円)。チャーシューは、山梨名産で鶏臭さの少ない信玄鶏を低温調理でジューシーに仕上げており、さっぱりした塩ラーメンに、こくと食べ応えをプラスしている。麺は全粒粉入りで、歯ごたえと香ばしさが魅力。麺のモチモチ感をよりはっきり味わうなら、「鶏白湯つけ麺」(890円)がおすすめだ。
「イメージ通りのラーメンを完成させることはスムーズでしたが、一番苦戦したのが実は店舗探しでした」と石毛さん。悩んだ末に、交通の便がよく客層のバランスの良い阿佐谷に出店した。買い物や仕事帰りなどに、ふらっと立ち寄ってすするのにちょうど良いサイズ感のラーメンだ。

千葉の「たまさ醬油」(※2)をブレンドしたスープの「醬油らぁ麺」のファンも多い

千葉の「たまさ醬油」(※2)をブレンドしたスープの「醬油らぁ麺」のファンも多い

「焼き餃子」(5個500円)。添えられた塩で食べるのも乙だ

「焼き餃子」(5個500円)。添えられた塩で食べるのも乙だ

店舗情報

【こだわり】女性にこそ食してほしいラーメン

・他ラーメン:「味玉醤油らぁ麺」「鶏清湯つけ麺」など
・メニュー:鶏節茶漬け、鶏モモチャーシューごはん、鶏ムネチャーシューごはん/餃子/味玉、鶏節、メンマ、鶏チャーシュー2種、ワンタン/生ビール、ウーロンハイほか/麺大盛り100円
・ラーメン専門店
・カウンター12席
・子供可
・2019(平成31)年1月15日開業

※1 阿波手摘みたまご:「たまごのソムリエ 小林ゴールドエッグ」の選りすぐりのたまご

※2 たまさ醤油:江戸末期創業の老舗「有限会社 宮醤油店」で醸造

阿佐ケ谷駅から徒歩約7分、パールセンター内にある

阿佐ケ谷駅から徒歩約7分、パールセンター内にある

DATA

  • 住所:杉並区阿佐谷南1-32-8
  • 電話:非公開
  • 最寄駅: 阿佐ケ谷(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:11:30-22:00
  • 休業:年末年始
  • 公式ホームページ:https://twitter.com/ramen1484
  • 取材:高円寺かよ子、西永福丸
  • 撮影:高円寺かよ子、TFF
  • 掲載日:2019年10月28日