株式会社エイトビット

会社概要

所在地:杉並区上荻
創業:2008年9月
会社が手がけてきた作品
「ヤマノススメ」(テレビ)、「転生したらスライムだった件」(テレビ)、「ミイラの飼い方」(テレビ)、その他多数

インタビュー

働きやすい環境作りに取り組むアニメ制作会社「株式会社エイトビット」。代表取締役社長の葛西励(かさいつとむ)さんに話を伺った。

なぜ杉並にスタジオを構えたのか
33歳で株式会社エイトビットを設立し、荻窪にスタジオを構えました。クライアントやスタッフなどアニメ制作に携わる人が中央線沿線や西東京に多いことと、10年間勤務したアニメ制作会社「株式会社サテライト」が阿佐谷にあり、その近くで仕事をしたかったこともあって荻窪を選びました。路線数も多くてアクセスがよく、仕事のやりやすさにつながっています。
子供の頃からゲームが好きで、当時「8ビット」のファミコンが自分にとっての面白いことや楽しいことの原点であり、社名をエイトビットにしています。
昨今では情報の量がギガやテラへと大きく進化していく中で、私の面白さや楽しさの原点である「8ビット」の頃に感じた気持ちを忘れる事なく胸に置き、仕事をしていきたいと考えています。

得意分野・ジャンル
作品のジャンルは問わず、ロボットアニメから美少女ものまで幅広く制作しています。今後も特定のジャンルに偏ることなく、むしろ幅広く対応していきたいです。仕事の8割はコミックやライトノベル(※)の原作がある作品のアニメーション化、オリジナル作品の企画・制作が占め、あとの2割は他のアニメ制作会社への制作協力や自社オリジナルグッズの企画・販売です。
2018(平成30)年から、エイトビットが企画・製作したアニメのオリジナルグッズの販売にも力を入れており、アニメーションの企画・制作とは別に、エイトビット独自で収益を拡大できる分野を育て、社員への還元を図りたいと考えています。

制作上のポリシー
発注元や視聴者が期待するレベルの高い、良い作品を作ることをポリシーとしています。そのためには、スタッフが働きやすい環境を整えることが何よりも重要だと考えており、エイトビットでは、2015(平成27)年からクロスマネジメント制という働き方を採用しています。作品のプロジェクトと所属する部署の2つの軸で人を組織するのが特徴です。スタッフは、基本的に希望した作品のプロジェクトで制作に携わりますが、何か問題や課題が生じた場合には、所属する部署が受け皿となり解決のために調整します。
状況に応じて別の作品のプロジェクトに参加することも可能な柔軟性のある仕組みです。この働き方で仕事が円滑に運び、さらに良い人材の確保にもつながっています。

今後チャレンジしたいこと
エイトビットで企画・制作したアニメを全世界に向けて発表したいと考えています。
アジアも含めた世界に広く市場を開拓し、自分たちが作り上げた作品を自分たちの手で広めていきたい、世界に通じるコンテンツとして十分国境を越えていけると確信しています。2019(令和元)年10月の公開に向けて「星合の空」という作品を制作中ですが、これを若い人から大人まで、見た人の胸を打つ作品にしていきます。

エイトビットを率いる葛西励さん

エイトビットを率いる葛西励さん

「ヤマノススメ サードシーズン」(C)しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会(写真提供:株式会社エイトビット)

「ヤマノススメ サードシーズン」(C)しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会(写真提供:株式会社エイトビット)

区民、読者の皆さんへ

アニメ作りは楽しく夢のある仕事なので、関心のある人はぜひともチャレンジしてください。各地で行われるアニメフェスティバル等にも積極的に参加してエイトビットの名前を皆さんに知ってもらい、区の他の企業とも連携して、物作りや催事を行えたらいいですね。杉並の歴史や見どころなどをテーマにしたアニメ作品を作って区民の皆さんに楽しんでいただきたいです。

※ライトノベル:SFやファンタジー、恋愛などの要素を、軽い文体でわかりやすく書いた若者向けの娯楽小説

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 産業・商業>杉並のアニメ>株式会社サテライト

「星合の空」(C)赤根和樹・エイトビット/星合の空製作委員会(写真提供:株式会社エイトビット)

「星合の空」(C)赤根和樹・エイトビット/星合の空製作委員会(写真提供:株式会社エイトビット)

窓が大きく開放感のある制作スタジオ

窓が大きく開放感のある制作スタジオ

DATA

  • 取材:首藤サチヨ 、水島 彰二(区民ライター講座実習記事)
  • 撮影:首藤サチヨ 、水島 彰二
    写真提供:株式会社エイトビット
  • 掲載日:2019年09月17日
  • 情報更新日:2019年09月27日