久遠チョコレート荻窪店

「QUONテリーヌ」。左から「抹茶」「ゆず」「ほうじ茶」「ベリーベリー」「ミルク」

「QUONテリーヌ」。左から「抹茶」「ゆず」「ほうじ茶」「ベリーベリー」「ミルク」

写真映えするチョコレートの専門店

久遠(くおん)チョコレート荻窪店は、2018(平成30)年10月にオープンしたチョコレート専門店。障害者の就労支援を中心に活動する「全国夢のチョコレートプロジェクト」の直営店で、本店は愛知県豊橋市にある。店長の石井さんは「障害者の所得向上や働く場所の確保などに、一役買いたいと思っています。障害のある人も、ショコラティエ(※1)から教わったスキルを身に付け、一流の作り手となって社会で活躍してもらいたい」と話す。荻窪店では「社会福祉法人いたるセンター」の障害者数名が製造に携わっている。
おすすめ商品
「QUONテリーヌ」(230円)は、その名の通りスライスしたテリーヌ(※2)の形をしており、見た目に反してホロホロと柔らかい食感。ほうじ茶味のチョコレートと黒豆が組み合わさった「ほうじ茶」や、フリーズドライいちごやドライいちごなどを使った色鮮やかな「ベリーベリー」が人気。
「荻窪ロッシェ」(880円/100g)は、荻窪店の限定商品。砕いた「QUONテリーヌ」を核にチョコレートをコーティングした商品で、一口サイズで食べやすい。「ロッシェとは岩山という意味です。手作りでゴツゴツふぞろいですが、1つ1つに個性を感じてもらえる商品です」と石井さん。ホワイトチョコレートの中に抹茶味が入っていたり、ミルクチョコレートからベリー味が出てきたりと、いい意味で想像を裏切る意外性が楽しめる。10数種類ある商品のうち、5種類ほどが毎日店頭に並ぶ。量り売りなので欲しい分だけ購入できるのもうれしい。

※1 ショコラティエ:チョコレート専門の菓子職人
※2 テリーヌ:陶製の深い器を意味し、その器(テリーヌ型)に肉、魚、野菜などを詰めてオーブンで焼いた料理。スライスして提供されることが多い

▼関連情報
全国夢のチョコレートプロジェクト(外部リンク)

DATA

  • 住所:杉並区天沼3-29-12
  • 電話:03-6279-9552
  • 最寄駅: 荻窪(東京メトロ丸ノ内線)  荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:10:30-19:30
  • 休業:月曜
  • 公式ホームページ:https://www.facebook.com/quon.ogikubo/
  • 取材:雪ノ上ケイ子
  • 撮影:雪ノ上ケイ子
  • 掲載日:2018年12月17日

「荻窪ロッシェ」。チョコレートコーティングの後、ナッツやパウダーなどをまぶした物もある。100gで12粒程度

「荻窪ロッシェ」。チョコレートコーティングの後、ナッツやパウダーなどをまぶした物もある。100gで12粒程度

味選びに迷う人には、詰め合わせになった「荻窪ロッシェ アソート」(880円)がおすすめ

味選びに迷う人には、詰め合わせになった「荻窪ロッシェ アソート」(880円)がおすすめ

「QUONテリーヌ」は、7枚以上購入すると1枚210円になりお得。9枚まで入るギフト箱もある

「QUONテリーヌ」は、7枚以上購入すると1枚210円になりお得。9枚まで入るギフト箱もある

シックな外観。荻窪駅の北側、教会通り新栄会にある

シックな外観。荻窪駅の北側、教会通り新栄会にある