西荻ペーパートライ

「紙で何ができるかな?」から始まる紙の実験場

紙でできることというと何を思い浮かべるだろうか。西荻ペーパートライは、紙の持つ可能性を追求し続けているシェアスペース(※1)だ。場所は西荻窪駅北口から徒歩約5分のところにある。2016(平成28)年の活動開始以来、デザイナーや雑貨クリエイター、小学校の図工教師など所属するメンバーらが、週末を中心に、紙に関する実験やイベントを行っている。
「営利目的で活動してきたわけではないので、サークル活動に近いですね。でも紙に対するプロの技術を持ったメンバーが在籍してるので、“より質の高いサークル活動”といったところでしょうか」とデザイナーの工藤さんは話す。今までの活動内容は、紙を扱う商社の社員を招きトークイベントを開催したり、封筒や水引を使った体験イベントや、紙で仮想の街を創り出す親子向けワークショップなどを実施。また、2018(平成30)年には、紙好きが集まる一大イベントとして知られる「紙博」(※2)にも出展し、デザイナーとコーヒーに詳しいメンバーが開発に3ヶ月を要したという「ペーパーコーヒードリッパー」作りを披露、コアな来場者の興味を引いた。
今後の目標について、事務局の小松さんは「紙による商品の企画開発を進めていくとともに、紙を楽しむことについて、より多くの人と分かち合う機会を設けたい 」と言う。その思いは地元西荻窪にも向けられているようだ。「もっと地元の人やお店とコラボをしていきたい。この地域には、それを実現するのに十分な土壌がありますから」。西荻ペーパートライの活動は、真新しいノートのページをめくる時のように、新鮮な興奮に満ちている。

※1 シェアスペース:事務所などを複数の人間で共有しつつ、各人が独立した仕事や打ち合わせを行うことができる空間

※2 紙博:「手紙社」が主催する、紙もの雑貨販売やワークショップなどを実施する紙の博覧会
http://kamihaku.jp/2018_summer/

DATA

  • 住所:杉並区西荻北3-31-13勝三ビル201号室
  • 最寄駅: 西荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 補足:info@papertry.com
  • 公式ホームページ:http://papertry.com
  • 取材:ツルカワヨシコ
  • 撮影:ツルカワヨシコ
  • 掲載日:2018年08月20日

「西荻ペーパートライ」、デザイナーの工藤さん(左)と事務局の小松さん(右)

「西荻ペーパートライ」、デザイナーの工藤さん(左)と事務局の小松さん(右)

広々としたシェアスペース。左の壁際には力作「ペーパ―コーヒードリッパー」の実物が置かれ、訪れる人の目を引いている

広々としたシェアスペース。左の壁際には力作「ペーパ―コーヒードリッパー」の実物が置かれ、訪れる人の目を引いている

「紙博」で披露した「ペーパーコーヒードリッパー」。市販のドリッパーの特徴を研究しつつ、紙ならではの特徴を生かすために試行錯誤を繰り返して完成させた

「紙博」で披露した「ペーパーコーヒードリッパー」。市販のドリッパーの特徴を研究しつつ、紙ならではの特徴を生かすために試行錯誤を繰り返して完成させた

窓下の棚には、紙見本の束がぎっしりと並んでいる。紙好きの人にはたまらない環境だ

窓下の棚には、紙見本の束がぎっしりと並んでいる。紙好きの人にはたまらない環境だ