Katakoto Kitchen&らいちょうブックス

食事と読書、異なる楽しみが調和する場

荻窪駅から徒歩約10分。2017(平成29)年にオープンしたKatakoto Kitchen(カタコトキッチン)&らいちょうブックスは、本屋を併設したカフェだ。購入した書籍を読みつつ食事を楽しめるほか、カフェのみの利用も可能である。
食事は、麹を取り入れたメニューが中心。ランチの人気メニューは「塩麹入りハンバーグ」(1,080円)。ほろほろと口の中で崩れるやわらかな食感が特徴で、肉のみのハンバーグに慣れた舌には新鮮だ。
この店は、同じビルにある出版社「雷鳥社」が運営している。雷鳥社前社長の柳谷さんは、本屋を併設したことについて「僕自身が本が並んでいる風景が好きだから」と話す。当初はいわゆる"町の本屋"を目指していたが、雷鳥社の編集者がそれぞれ担当する棚を設けるようになり、個性豊かな品ぞろえになってきたそうだ。写真家や編集者のための本など、大手書店にはあまり見られないジャンルの本がセレクトされているところも魅力の一つである。
だが、柳谷さんは、ただの“ブックカフェ”というくくりには満足していない。学生時代から自費出版やイベントの主催に明け暮れ、その後も出版業のみならず写真スタジオや俳優養成所をも手掛けてきた柳谷さんは、卓越したプロデュース力の持ち主。それゆえ「ここを、もっと面白い人や催しで“にぎわう場”にしたい。僕はもう隠居しているから、他の社員に頑張ってもらいたいね」と話しつつも、次のプランも練っている。2018(平成30)年10月に、同ビルの地階にイベント用レンタルスペースを開設予定で、将来的にはイベントとカフェの連動も考えているという。柳谷さんが考えた"にぎわう場"が、どのような姿を表すか、今後に注目したい。

DATA

  • 住所:杉並区上荻2-4-12
  • 電話:03-6913-8250
  • FAX:03-5303-9567
  • 最寄駅: 荻窪(東京メトロ丸ノ内線)  荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:11:30-21:00
  • 休業:月曜
  • 補足:ランチ:平日 -14:00、金・土曜 -22:00、LOは終了時間30分前
    https://www.facebook.com/katakotokitchen/
  • 公式ホームページ:https://katakotokitchen.owst.jp/
  • 取材:ツルカワヨシコ
  • 撮影:TFF
  • 掲載日:2018年09月18日

広々としたスペースにカフェと本屋が併設されている。カフェスペースもゆったりとしており、ベビーカーも入りやすい

広々としたスペースにカフェと本屋が併設されている。カフェスペースもゆったりとしており、ベビーカーも入りやすい

ランチの「塩麹入りハンバーグ」。この日はひじきの小鉢がついてきた。体への気遣いを感じる献立だ

ランチの「塩麹入りハンバーグ」。この日はひじきの小鉢がついてきた。体への気遣いを感じる献立だ

「らいちょうブックス」には雷鳥社の出版物もさりげなく並ぶ。ここは、手に取りやすく人気の『空の辞典』『色の辞典』などの“辞典シリーズ

「らいちょうブックス」には雷鳥社の出版物もさりげなく並ぶ。ここは、手に取りやすく人気の『空の辞典』『色の辞典』などの“辞典シリーズ"コーナー

雷鳥社前社長の柳谷さん。精力的な話しぶりからは、これまで蓄積してきた熱いエネルギーを感じる

雷鳥社前社長の柳谷さん。精力的な話しぶりからは、これまで蓄積してきた熱いエネルギーを感じる