御菓子司 島田

3代にわたる伝統の風味、季節の和菓子を堪能

高円寺中通り商店街にある御菓子司 島田は、高円寺駅と同じ1922(大正11)年に創業した老舗和菓子店。親子3代にわたり、季節の和菓子を心を込めて作り続けている。梅、桜、紅葉など四季折々の上生菓子は、茶席の菓子として評判が高い。「良い材料で誠実に商売をしていけば、お客様がついてきてくれる。」という先代の志を受けて、栗最中の皮も日本3大菓子処である金沢の専門店から取り寄せるなど厳選し、和菓子の原材料をそれぞれに表示している。手頃な価格も喜ばれており、近隣の学校や神社からの注文も多い。
おすすめ商品
季節の和菓子は見た目も華やか(1枚目の写真以外に、うぐいす、下萌え、菜の里、梅一輪など各250円)。織部饅頭(おりべまんじゅう・130円)は山芋を使った皮でこしあんを包み込んでいてもっちりした食感。栗とつぶあんのバランスが絶妙な栗最中(200円)と栗きんつば(140円)、さくら餅(130円)くさ餅(130円)なども上品な甘味でおすすめだ。子供の1歳の誕生日に背負うと「一生食うのに困らない」といわれる誕生餅(3,300円)も扱っている。

DATA

  • 住所:杉並区高円寺北3-17-1
  • 電話:03-3330-0035
  • FAX:03-3330-0035
  • 最寄駅: 高円寺(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:9:00-18:00
  • 休業:火曜
  • 取材:SATOKO
  • 撮影:SATOKO
  • 掲載日:2016年03月22日

四季折々の味わいがある季節の和菓子。左から桜、山吹、つつじ

四季折々の味わいがある季節の和菓子。左から桜、山吹、つつじ

素材にこだわった織部饅頭と栗最中

素材にこだわった織部饅頭と栗最中

店舗外観

店舗外観