すぎなみグリーンかるた

区民からの公募で生まれた杉並オリジナルかるた

「色と遊ぼう!色を一緒に楽しもう!」をテーマに活動する「カラーパーティーすぎなみ」という団体が杉並にある。色に関連する企画展、イベントやパーティなどを開催し、地域の活性化や豊かな環境作り、区民同士の交流を図ることを活動目標にしている。
この団体が区民と共に商品化したのが「すぎなみグリーンかるた」。団体代表の荻本さんは、「かるたは日本人にとって身近な遊びで、言葉・絵・読みの音などとても総合的な表現のもの。そこに杉並のことや、緑の多い杉並のイメージを込めたかった。」と言う。読み札と絵札は一般から公募を行い、下は幼稚園児、上は80代のお年寄りまで、幅広い年齢層の区民約100名が参加。180点を超える応募作品の中から45点が選ばれた。「かるたを一人で作るのはとても大変だが、みんなの知恵と想像力を合わせて作れば、楽しいものができると思った。"パーティー"という言葉が示すように、楽しく、すてきなネットワークと場を作りながら、色による新しい試みや環境への提案をこれからもしていきたい。」と荻本さんは語る。2015(平成27)年2月に、かるたの「お披露目展示会」を杉並区役所内の区民ギャラリーで開催。また、かるたづくりワークショップやかるた大会も行っている。

○サイズ・販売価格:6.7cm×10cm(2,000円・税込)
ミニ版2.8cm×4.2cm(600円・税込)
○購入方法:メール karuta@color-party.netに、氏名・住所・電話番号・メールアドレスを記入し予約(手づくりのため商品到着まで2週間程度必要)

DATA

  • 住所:杉並区宮前3-22-16(カラーパーティーすぎなみ事務局)
  • 公式ホームページ:http://green-party.jimdo.com
  • 取材:矢島進二
  • 撮影:矢島進二 写真提供:カラーパーティーすぎなみ
  • 掲載日:2015年06月15日

商品化した「すぎなみグリーンかるた」

商品化した「すぎなみグリーンかるた」

ワークショップで参加者が作ったかるたも加えて、大会を実施している

ワークショップで参加者が作ったかるたも加えて、大会を実施している

大会の様子。最初は静かに始まったが、徐々に白熱して本気モードに

大会の様子。最初は静かに始まったが、徐々に白熱して本気モードに

読み札・絵札各45枚で1セット

読み札・絵札各45枚で1セット