株式会社小泉

明治創業 日本人の住環境を見つめる荻窪の老舗企業

JR荻窪駅から東の方向を仰ぐと目に飛びこんでくる「小泉」の看板。明治43(1910)年創業、昭和22(1947)年設立の老舗企業・株式会社小泉は住宅設備の流通企業として着々と発展してきた。
明治時代末期、山梨出身の小泉直哉によって創業された「小泉直哉商店」は、関東圏に数店舗の支店をもち住宅設備関連企業(おもに鋼管類)として一つのブランドを確立。杉並区周辺には、この流れをくむ企業がほかにもある。
初代社長に就任した長坂保氏(現社長叔父)は、長年「小泉直哉商店」に従事(丁稚奉公)し、住宅設備機器の事業で手腕をふるい、終戦後住宅産業の発展と可能性を見いだし昭和21年4月、(株)小泉商店を杉並区天沼で設立。十年後の昭和32年には二代目の長坂勉氏(現社長父)が就任し、昭和44年には(株)小泉と改称。平成4年に現在の三代目・長坂紘司氏が社長に就任し、長きに渡り杉並区を拠点に、東海から東北にかけ広く営業展開している。

(株)小泉本社(杉並区荻窪)

(株)小泉本社(杉並区荻窪)

戦後の日本人の住環境を見守って

戦後およそ20年間は日本人の生活感や住環境が著しく変化した激動の時代だった。杉並区を含む東京西部も戦火の影響から施設や住宅がどんどん改築・新築されてゆく。そして住宅環境も変化していく。(株)小泉の取扱製品でも昭和25年当時は手押しポンプ、水栓金具など細かな生活必需資材が主流だったが、昭和50年代には、手動から自動(電動)へ、そして生きるためだけでなく、快適に暮らすための製品へと変遷。
(株)小泉は、常に新たに訪れる時代の「住」に関するニーズをいち早く察知し、豊富な品揃えで市場の要望に対応することをビジネスモットーの一つとして成長してきたのだ。

取扱商品の変遷

取扱商品の変遷

地域密着サービスとネットワーク

現社長・長坂紘司氏(平成4年就任)に話しをうかがった。
「中学1年のときに山梨から荻窪に転入したので区立松溪中学校の卒業生です。今では大田黒公園やご近所の美しい花々を眺めながらウォーキングを楽しんでいます。とくに阿佐谷のけやき並木がいいですね。東京なのに、自然な緑にすぐに出会える、そこが杉並区のいいところでしょう。」
意外にも地域の自然について話しは展開するが、
「そもそもジャーナリストを目指して早稲田大学で政治学を修めたのですが、結局事業を継ぐために別な会社でしばらく勤務し(株)小泉に入社しました。大学時代の同級生はみな、その道に進んでおり、今では同窓会で再会する度に情報交流し刺激を受けています。個人的には地域に関心を持ってはいたのですが、杉並区内の事業は5%くらい。なにか地域密着の事業はないかと昭和60年代に小泉リフォームプラザを作ったのです。女性のインテリアコーディネーターや一級建築士を採用して、きめ細やかさを活かし地域に密着できる事業も展開しています。」

長坂紘司社長

長坂紘司社長

「グループ総合力」「パートナーシップ」信頼で乗り越えてきた苦難

住宅産業は、巨額な市場であり社会情勢、景気に影響をうけることも多い。
ごく数年前、債権事故に遭遇したが迅速な調査や対応、業者への説明など、日頃の信頼関係のおかげで一致団結でき、これを乗り越ることができた、という。
「当社は67年に渡り、無借金経営をしています。体力を持った企業であり続けること、そして信頼関係の形成を大事にしています。今でも5年おきに社員旅行を実施しています。いい仕事、いい関係を保つため社員同士、企業とお客さま、さらに仕入れ企業との信頼が必要なのです。昭和42年にスタートした<小泉サマーセール>は、取引先をイベント、旅行などにご招待し、重要な時間を共有することでビジネスだけではわからない企業の人柄を分かり合えるよい機会になっています。」
高度成長時代の華やかな日本企業の熱さ、暖かさが感じられる。ほかにも町中の販売店、工事業者との商品知識、技術情報の共有などを目的に発足した<「いずみ会」>では研究会、懇親会を頻繁に開催している。(株)小泉は、まるで近江商人の「三方よし」を実践するかのように、とりまく色々な企業、お客様とのつながりを大切に発展してきたのだ。
2011年3月の東日本大震災では、仙台の営業所に若干ではあるが被害があり約1ヶ月の間休業を余儀なくされたが東京本社との連携で物資の搬入など被害への対処も迅速に行えたそうだ。

感謝セール、社員旅行、研究会の様子

感謝セール、社員旅行、研究会の様子

エコの推進をCSR(企業の社会的貢献活動)に。

「環境にいい製品を提案して購入いただく、すると結果的に社会の役に立っていると思えます。環境事業部でカドミウムを吸収するマリーゴールドの新種を、遺伝子組み換えでなく世代交配で作って品種登録しました。4年前にNHKのテレビ番組でも取り上げてもらったのです。こういったことを地元の学生さんたちに伝える授業も行ったりもしています。
最近では林野庁の『映画の力で森を元気に』というキャンペーンのサポーターになって、高田の一本松の支援にも取り組んでいます。木材で作った団扇をチャリティ販売したりしているのです。」
他にも文化事業の支援として、小説『白磁の人』の映画製作支援にも取り組んでいるそうだ。
▼CSRの取組については詳しくはこちらで。

100年企業を目指して
「今、設立から数え67年目。企業の平均寿命が30年と言われていますね。私の次の代が現在40歳代。何とか100年企業の仲間入りができるのではないかと考えています。持続可能な企業経営では、なんといっても人材が大切。若手には思い切ってやってもらう。それが、おおむね良い方向に行っているのです。
我々長年携わってきた者からすれば、若手の発想に「これで成り立つのか」と思うこともある。でも、よくよく調査すれば商売が十分成り立つ環境だったりすることもあるのです。これからも失敗をおそれず、新しい分野に若い人のパワーを生かし、いい部分を伸張させ企業の核をしっかり守って行こうと考えています。」

<株式会社小泉>
創 業 明治43年8月
設 立 昭和22年4月18日
代表者 代表取締役社長 長坂紘司
資本金 27億5,426万円(関連会社を含む)
売上高 1,277億円(平成23年)
従業員数 1,750人

『白磁の人』パンフ、団扇

『白磁の人』パンフ、団扇

社外誌「泉」

社外誌「泉」

DATA

  • 公式ホームページ:http://www.koizumig.co.jp
  • 出典・参考文献:

    社外誌「泉(現「IZUMI」)」

  • 取材:NPO法人チューニング・フォー・ザ・フューチャー
  • 掲載日:2012年06月28日
  • 情報更新日:2016年06月28日