スポーツ施設の予約方法

区立施設は「さざんかねっと」で。

杉並区立のスポーツ施設は、杉並区公共施設予約システム「さざんかねっと」に登録し使用希望日を申し込み、抽選結果を祈る、という仕組みだ。
さざんかねっとは、スポーツ施設登録と、集会施設利用の2種の登録方法があるので要注意。

杉並区公共施設予約システム「さざんかねっと」メニュー(杉並区役所)

杉並区公共施設予約システム画面

杉並区公共施設予約システム画面

キャンセル枠をめぐる熱き戦い

さざんかねっと(スポーツ施設)には、2ヶ月、3ヶ月先の予約を、申し込める一次、二次の抽選、空き枠申込みのほか急遽空いた施設を使用できるキャンセル枠がある。

土日枠にキャンセルがでた場合は、かなりの争奪戦となる。キャンセル枠確保の熱い戦いを少年野球の保護者KTさんにうかがった。
「キャンセル枠は朝8:30にインターネットの先着申込順で1組のみ確保できます。そのためけっこう熾烈な戦いになります。
私の場合は、メインの1台に何かあった場合に備え2台のPCを立ち上げてスタンバイします。時報サイト(明石の標準時刻サイトでOK)を広げ2分くらい前からチェックし、8:30直前に「さざんかねっと」にアクセスするようにしています。多くの人が同時にアクセスしますので、画面表示にも時間がかかる場合がありますが、私は麻雀のモーパイのように画面が見えなくてもボタンの位置が想像できるので、画面が白いままでも進むことができるんです。ログインしてからのコツは、絶対にボタンを二度押ししないこと。最初からやり直しになってしまい致命傷ですよ。
ほかにも目的の施設のキャンセル枠の申込ボタンが押せたとしても、その時点では数人が同時押しできてしまっている場合もありますので最終的な予約確認ボタンをしっかり押すところまで気を抜かないようにしなくてはいけません。」
キャンセル枠争奪戦は、わずか2分くらいで決着がつくそうだが、ここまで壮絶なやりとりがあるとは想像を越えていた。
さざんかねっと

DATA

  • 取材:小泉ステファニー
  • 掲載日:2010年09月24日