Title

文化を発信する、新しくも懐かしい町の本屋

荻窪駅から西荻窪方面に歩いて10分ほど、青梅街道沿いにあるTitle(タイトル)。店主の辻山良雄さんが大手書店を退職後、2016(平成28)年に開いた新刊書店だ。
店舗は古民家を改装しており、どこか懐かしさが漂う。取り扱うのは、「生活」に関わる本を中心に約1万冊。表紙の雰囲気を大切にしたいのでPOPなどは付けていない。その代わり、本の並べ方にはひと工夫。例えば、大型店では単行本と文庫本の棚を分けているが、ここでは同じ棚で並べたり、週刊誌の間に珍しいリトルプレス(※)を差し込んだり。「あれ?」と一瞬目をとめてもらえるような、ちょっとした発見を大切にしている。
本屋の奥に8席のカフェスペース、2階にギャラリーを併設しているのも特徴的だ。「駅から遠いので、ここを目的に来てくれる人が多いんです。なので、カフェでゆっくり過ごしてもらいたい。定期的に行うイベントでは、本の世界に直接触れて、そしてまた本を読み返してもらえたらうれしいです」と辻山さんは言う。本を売るだけではなく、本と深く向き合う場作りをしているのだろう。
杉並区民におすすめの本は?と聞くと、手に取ったのは『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』。「杉並に住む方は、はっきりした独自の意見をもっている人が多い印象があります。著者は、自分の意志を貫いているパン屋さん。読み物としても面白いですし、仕事のヒントにもなると思います」。ちなみに、Titleでのベストセラーは井伏鱒二の『荻窪風土記』で、荻窪みやげとして購入する客も多いそうだ。
店内で本を見ていると、小さな子供を連れた家族が来店し、子供は絵本、大人は雑誌を選んで買って帰った。近年、書店の閉店が続く中、常に人が集まる町の本屋、Title。ここには、じっくりと本を選ぶ、ゆるやかな時間が流れている。

※リトルプレス:個人や団体が制作から販売まで行う少部数発行の出版物

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 文化・雑学>読書のススメ>『荻窪風土記』

DATA

  • 住所:杉並区桃井1-5-2
  • 電話:03-6884-2894
  • 最寄駅: 荻窪(東京メトロ丸ノ内線)  荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:12:00-21:00
  • 休業:水曜・第三火曜
  • 補足:カフェのLO:20:00
  • 公式ホームページ:http://www.title-books.com/
  • 取材:こまつこなつ
  • 撮影:こまつこなつ
  • 掲載日:2017年06月05日

木の温かみのある店内。奥にカフェスペースがあり、オリジナルブレンドのコーヒーやジュース、ワインのほか、フレンチトーストなどをいただける

木の温かみのある店内。奥にカフェスペースがあり、オリジナルブレンドのコーヒーやジュース、ワインのほか、フレンチトーストなどをいただける

店主の辻山良雄さん。左は2017(平成29)年1月刊行の著書『本屋、はじめました』(苦楽堂)。右は区民におすすめの本『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(講談社)

店主の辻山良雄さん。左は2017(平成29)年1月刊行の著書『本屋、はじめました』(苦楽堂)。右は区民におすすめの本『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(講談社)

2階のギャラリー。展示のほか、定期的にトークイベントも行っている

2階のギャラリー。展示のほか、定期的にトークイベントも行っている

築約70年の古民家を改装。広さは2階も入れて23坪ほど

築約70年の古民家を改装。広さは2階も入れて23坪ほど