ラーメンどんどんどん

「さっぱり」「こってり」2つのラーメン

【こだわり】素材の特長を生かして味の改良を続ける

他:背脂ラーメン、喜多方チャーシューメン、背脂チャーシューメン/大盛り(100円)/トッピング:煮卵、もやし増し、メンマ増し、チャーシュー増し/ご飯、混ぜご飯/缶ビール/ラーメン専門店/6席/2016年開業

ラーメンどんどんどんは2016(平成28)年10月に井荻駅近くに開業。メニューはあっさり系「喜多方ラーメン」と、こってり系「背脂ラーメン」の2種類のみ。店自慢のチャーシューは、肉本来の味や食感を味わってほしいと、味付けは薄め、低温調理で肉のうまみを残しつつ、かみごたえを失わないようにしている。「喜多方ラーメン」は脂身の多いバラ肉のチャーシューが2枚、「背脂ラーメン」は肩ロースの脂身多めと少なめの部位のものが1枚ずつ計2枚をトッピング。チャーシューメンを選ぶと各々2枚ずつ計6枚を味わえる。使っている麺はどちらも同じだが、喜多方ラーメンの特徴である平打ち縮れ麺に近づけるために、「喜多方ラーメン」の場合はゆでる前に手でもむ。「(もむことで表れる)麺の食感の違いも楽しんでほしい」と、店主の向井さんは遊び心を見せる。また、「喜多方ラーメン」のスープは鶏と煮干しがベースだが、近ごろ新たにしいたけを加えた。引き続き改良を検討しているそうなので、今後の味の変化も気になるところだ。
サイドメニューの「混ぜご飯」(150円)は「ほとんどもうけが出ない」という一品で、チャーシューの切れ端を利用し、鶏ベースにしょうがを効かせて甘辛く炊き上げてある。トッピングの黄ニラが見た目に彩りを添え、かむとピリッとご飯の味にアクセントを与えている。向井さんの素材を生かすセンスが光る一品といえよう。

DATA

  • 住所:杉並区下井草5-18-17サニーハイツ106
  • 電話:非公開
  • 最寄駅: 井荻(西武新宿線) 
  • 営業時間:11:00-14:00 / 18:00-22:00
  • 休業:火曜
  • 補足:金・土曜:22:45まで。日曜:11:00-17:00(休憩なし)
  • 取材:矢野ふじね
  • 撮影:矢野ふじね
  • 掲載日:2017年04月24日

喜多方ラーメン/750円/160g

喜多方ラーメン/750円/160g

店主の向井さんが前の店舗を自ら改装。広いカウンターと、インパクトある壁画をあえて残している

店主の向井さんが前の店舗を自ら改装。広いカウンターと、インパクトある壁画をあえて残している

黄ニラがアクセントの「混ぜご飯」。過去にはラーメンのほかに3杯食べた人もいる

黄ニラがアクセントの「混ぜご飯」。過去にはラーメンのほかに3杯食べた人もいる

井荻駅南口より徒歩約1分、建物の入り口は「ラーメン」と書かれたのぼりと看板が目印で、建物に入って左手2軒目

井荻駅南口より徒歩約1分、建物の入り口は「ラーメン」と書かれたのぼりと看板が目印で、建物に入って左手2軒目